スポンサーリンク

マンチェスターxリヴァプール UKモダン・ロックンロールの縮図『The Luka State』

Music アーティスト紹介

2020年5月1日に7曲入りアルバムをリリースしたUKロックバンドThe Luka State。
日本ではまったく無名な彼らを紐解いていきます。

The Luka State

出身

UKロックバンド The Luka State、'Whats My Problem'を公開

2013年結成。
マンチェスターとリバプールの中間に位置するイングランド北西部
チェシャー州ウィンスフォード出身のロックバンド。
塩の採掘で有名なところですが、そのほかこれと言って特筆すべきところはありません。

“ウィンスフォードって何で有名なのだって?何もないよ! 塩と塩鉱山を除けば、俺たちはここではすべてが塩なんだ”
by Conrad Ellis (Lead Vocals & Guitar)

しかしながら、マンチェスターとリヴァープールといえば、UKロックの色が最も濃い街に数えられる街で、古くはビートルズからThe Who、The Smiths、oasis、The Stone Roses、最近でいえば1975など早々たるバンドを輩出してきた地域である。
(ここらへんはグーグル検索を使えば湯水のごとくヒットするので割愛しよう。)

メンバー

Conrad Ellis (Lead Vocals & Guitar)


Sam Bell (Backing Vocals & Bass)

Jake Barnabas (Drums & Percussion)


Lewis Pusey (Guitar)

バンドサウンド

まさにモダンUKロックの縮図というべきサウンドを掻き鳴らしています。
oasisっぽさもあり、smithっぽさもあり、インディーでグランジで、でもポップさを忘れない。
ヴォーカルのConrad Ellisの容姿がまさにUKロックフロントマンの顔然としていて、
ひとめ見ただけで「ああ、UKロックか」ってわかるレベルです。

UKばりばりかと思いきや、時たまアメリカンロックの顔も覗かせ、あれ?ケミカルロマンスかな?
みたいな曲もあったりします。
良く言えば、『とてもわかりやすくかっこいい』
悪く言えば、『全部どっかで聞いたことある』

UKロック、特にグランジ系、ガレージ系が好きな人には間違いなくささるバンドです。

The Luka State – [Insert Girls Name Here]

ニューアルバム『Feel It』

コロナ禍落ち着いたら日本にも来ないかなぁ・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました