スポンサーリンク

NA鯖のDIAMOND-jhin(ジン)使いが教えるjhinの使い方。byEmiru日本語訳【その2マッチアップ編】

GAME Legue of Legends ビルド翻訳

前回記事ではアイテムビルドについて翻訳しました。
今回は敵adcへのマッチアップに関してです。

対アフェリオス

Apheliosは不動の高ダメージ出力マークマンであり、ダメージトレード頻繁に起こる可能性が高い。

ApheliosがJhinにレーンで苦戦を強いられる方法はいくつかあり、

例えばCalibrum(Sniper Rifle)で彼を突いたり、

「Infernum(Flamethrower)でレーンに突っ込んだり、Gravitum(Gravity Cannon root)で彼を追い詰めようとしたりすることができる。

2v2、場合によっては3v2でも勝てる可能性は非常に低い。

相手が砲塔付きの銃を持っていなければ、無理な当たりをしない限り、2v2でも勝てるはずです。

距離を取り、AAや『Q』ダンシンググレネードで相手のHPを削っていこう。

彼を倒すには、彼の射程距離の低さと移動能力の低さを利用しよう。

可能な限り相手にハラスをして、『W』Captive Audienceで相手のサポートを受けながら、相手がCrescendum, the Chakramを手に入れようとしている場合は仕掛けるのを避けよう。

Apheliosにとって最適な銃はGravitum, the Gravity CannonとCalibrum, the Sniper Rifleである。

 勝利条件:Apheliosの現在の銃と次にどの銃が出てくるかに注意を払い、砲塔の銃の周りでの戦闘を避けるようにしてください。

火炎放射器銃も相手にするには良くない。

彼の低い自動攻撃範囲を逆手に取り、彼をロックダウンさせるチャンスを探してみてください。

対アッシュ

アッシュは非常に移動能力が低いので、ギャンクやオールインには弱い。

ジャングラーが簡単にギャンクできる位置に彼女を置くようにしたり、サポートと彼女を交戦させて『W』Deadly Flourishでフォローアップするようにしよう。

レーンでは、彼女のWボレーを意識し、ミニオンの後ろに配置してポークダメージを受けないようにしよう。

彼女は効果的にトレードバックできないので、QやAAでポークして嫌がらせをしよう(できれば4発目を使おう)。

彼女がCSに近づいてきたら、QとAAで彼女にフリーダメージを与えよう。

アッシュがレベル6になったら、彼女のアルティメット(R)に注意する必要がある。

 勝利条件: 彼女の弱いランニングフェイズを利用して、彼女をギャンクに弱い状態にして、ポークで彼女に嫌がらせをしよう。

あなたのサポートが彼女にオールインするチャンスを探そう。

彼女のレベル6のパワーに注意してください。 

Jhinはかなり簡単にこのレーンに勝つことができるはずです、彼がミスをして彼女にフリーキルを与えて終わらないことが前提ですが。

対ケイトリン

このレーンでは、Caitlynはほとんどの場合、Jhinを押し込んでいじめようとするだろう。

彼女にこれをさせないように、Doran’s Ringを装備して、彼女のハードプッシュ防ぎ、余分なヘルスポットでサスティーンを維持するために

また、より多くのQをスパムすることができるようにするのもいいだろう。

タワー下に押し込まれた場合、タワーの後ろに置かれた『W』Yordle Snap Trapsに注意してください。もしあなたがそれに足を踏み入れた場合、簡単にそして手痛いダメージを食らうことになります。

彼女とのトレードでAAだけを使わないようにしよう(例外は彼女に4発目を撃てる場合)。

これがこのレーンでDoran’s Ringをスターとのひとつとして有益なもう一つの理由である。

もしあなたがあまりにも多くの嫌がらせを受けないようにし、CSでは互角の状態を保ち、彼女にタワープレートを取らせないようにすることができれば、あなたは彼女をキルするのに良い位置にいることになるだろう。

 勝ち条件: このレーンでDoran’s Ringを始めることを考える。

特にCaitlynがレーンのプレッシャーを多くかけるサポートを持っている場合。あまりにも多くの嫌がらせを受けたり、CSを失ったりしないようにして、オールインで彼女をキルする機会を探しましょう。

対ドラベン

ドラベンがジャングラーに捕まるか、HP/ゴールド差が極端にない限り、ジンはドラベンとの戦いで勝つことはほとんどないだろう。

 欲を出して、自由になりそうにないときに彼と戦おうとするのは避けよう、特に序盤は。

序盤は忍者足袋を買うことを検討するが、忍者足袋を買ったからといって、ほとんどの場合、彼と1v1できるわけではないことを覚えておこう。

DravenのQスピニングアックスとパッシブのおかげで、彼はノンストップでウェーブを押してくるだろう。これはあなたのジャングラーにとっては良いターゲットになるが、Jhinは彼にオールインする機会を待っている間、ヘルスを維持するために最善を尽くす必要がある。

同様に、ジャングラーのヘルス状態が低かったり弱かったりする場合は、

来ないように伝えよう。

Dravenにキルを取られて3v2が終わると悲惨な結果になることがある。

早めにシャットダウンさせようと必死になって彼にキルを与えるよりも、後ろに残ってドラヴェンを出し抜くのを待つ方がいい。

Dravenはダイブも得意なので、それに応じて、ダイブの際に役立つ場所にトラップを設置し、タワーから離れるタイミングを知っておこう。

 勝利条件:彼にキルを与えてはいけない。

ドレイヴンとの戦いで不利なように感じたり、危険にを感じた場合は、おそらくそうである。

ひたすらファームをし、スケールし、Dravenにオールインするチャンスを待とう。

対エズリアル

Ezrealのレーンのプッシュ性能のほとんどはQ とW にかかっている。

ミニオンを利用してQ の攻撃を避けることができるが、W はミニオンを通り抜けることができ、AAかE で爆発させることができるので注意しよう。

Q を避けることができれば(問題がある場合は、サイドステップを助けるために初期のブーツを購入することを検討してください)Jhinは延々とエズリアルをいじめ続けることが可能です。

AAとQでEzrealに嫌がらせをして、レーンから追い出すようにしましょう。

エズリアルの中にはTeleportを好むプレイヤーもいます。

エズリアルがTeleportをしているのを見たら、ティアーオブゴッドネス(涙)のために十分な量のゴールドを手に入れて、TPをしてレーンに戻ろうとしていることを意味している。

もし彼がこれをしているのを見たら、できるだけ早くdeny(レーンを下げよう)。もしくはできるだけ早めにプッシュしてタワーにミニオンを押し付けましょう。

EzrealがRを持っていれば、Jhinよりもオールインしてくる可能性が高いので覚えておこう。

 勝利の条件: 位置取りとレーン内でポークをかわし、4発目のAAとQで彼をいじめ返す。

あなたはとにかく彼より優位に立つことができるが、よりフィードさせることで試合を有利に運ぶことができる。

対ジンクス

射程が短く、ゲームの序盤は弱いため、ジンクスをレーンでポークするのは非常に簡単です。

機会があればAAやQを使って強制的にトレードし、レーン外でのハラスにも挑戦してみよう。

AA4発目がある場合、彼女に使うか、彼女が射程内にいない場合は、彼女が怖がって前に出られなくなり、結果的にCS差をつけることができる、効果的に使おう。

あなたが彼女にハラスをして、彼女のヘルスを減らしている場合、

W であなたのサポートをフォローアップするか、彼女にWをつける努力をしよう。

序盤のJinxに対しては、Qをスパムしている間に意味もなく突っ込みがちですが、敵のジャングラーのギャンクには注意しましょう。

 Jinxは序盤に何度かキルを与えられるとすぐに雪だるま式に育つので、何としてもこれを避けたい。早めに彼女をシャットダウンさせたい。

 勝利の条件: 彼女と積極的にトレードしたり、オールインしてみたり、レーン外で嫌がらせをしてみたりする。有利な状況が続きます、敵のギャンクによってキルされる可能性を危惧してください

対カイサ

Kai’Saは射程が低く、レーンではかなり弱いので、積極的に攻めよう。

機会があればAAや4発目のショット、Qを使ってみよう。

レベル6の前に、できればKai’Saにオールインしておこう。

彼女はEの他に信頼できる逃げ手段を持っていないので、彼女は脆弱である。

ただ、過度にイニシエートすることに気を取られて、彼女のパッシブを無視しないように注意してください。

また、彼女は機動力が低いので、チームで彼女にギャンクを仕掛けよう。彼女は早期にシャットダウンするのが重要なADCである。

彼女がレベル6になったら、JhinはKai’Saを警戒し始める必要がある。

彼女がよっぽど弱くない限り、この時点で彼女と1対1をしようとすることはお勧めしない。

 勝利の条件: 彼女にハラスをして、レーン内で可能な限り彼女をいじめ、彼女の戦闘能力が高くない間に、初期の段階で彼女にオールインする機会を探しましょう。

ただ、彼女のパッシブはダメージトレードの恩恵を受けるのに対し、Jhinの場合はそうではないので、トレードには注意が必要です。

対カリスタ

カリスタとのトレードでは、Jhinは4発目+Qのような、短くて効率の良いトレードをしたいと思うだろう

カリスタとの戦いが長くなればなるほど、Jhinは勝つ可能性が低くなる。

カリスタに勝つためには、Jhinは、短く効率的なトレードでレーンから彼女をいじめたり、彼のサポートや/またはジャングラーが彼女をロックダウンさせることが必要になります。

このような場合以外にも、彼女との延長戦をしようとしないでください。

Kalistaが6になったら、Jhinは押し上げられたり、一人になったりすることに特に注意する必要がある。

 勝利の条件: 彼女との短く効率的なトレードをし、戦いを長期化させないようにしてください。Kalistaがレーン内でモンスターに育たない限り、Jhinは育つので、間抜けな戦いをしないようにすれば彼が勝つだろう。

対コグモー

コグマウは非常に移動性能が低く、育つ迄時間が非常にかかるので、Jhinは初期の弱点を生かして彼をシャットダウンしてトップに立つために最善を尽くす必要がある。

 また、オールインの可能性を高めるために、Wで彼を捕まえるチャンスを探してみよう。

彼のヘルス状態を少しでも減らして、オールインのチャンスを探したり、あなたのチームのためにガンク可能な状況を作ることができるようにしましょう。

Kog’Mawがレーンでの戦いに勝利してしまうとJhinがカムバックするのは難しいかもしれないので、過剰なイニシエートをする場合、彼のW 効果時間は打ち負ける可能性に注意してください。

 勝利の条件:できるだけ彼との短いトレードをし、彼をいじめ、彼をオールインして懲らしめる機会を探す。
彼にフリーキルを与えないようにすれば、ゲームは簡単になるはずです。

対ルシアン

LucianはJhinにオールインしてフルコンボのチャンスを探すだろう。

Jhin の初期の戦闘能力は Lucian のものほどではないが、Jhin はその範囲の優位性を活かして Lucian に有利なトレードをすることができる。

このレーンで勝つためには、可能な限り Lucian にポーク/有利なトレードをしなければならない。

また、可能な限りLucianにポークやトレードを仕掛けるようにしなければならない。できるだけ彼と互角になるようにして、彼が出すぎたタイミングを逃さがないようにしてください。

 勝つための条件: 敵のオールインを避け、できるだけQやオートで彼をポークすることで、彼のHPをあなたのHP以下に保つようにしましょう。CSでは互角の状態を保ち、レーンの外では彼をアウトスケールさせましょう。

対ミスフォーチュン

ミスフォーチュンのレーンでやるべき最も重要なことの一つは、Qの跳弾ダメージを受けないように、自分のミニオンのヘルスに注意を払うことである。

彼女のQがあなたに跳ね返ってくるのを避けるために、あなたは常にレーン内で位置を変えてください。注意してファームしましょう。

もしあなたが彼女のQを避けることができれば、あなたの4発目とQでレーン内で彼女をアウトトレードすることができるはずだ。

彼女がレベル6になったら、Jhinは彼女のRに注意する必要がある。 

ゲームの残りのために常にチョークポイント/ジャングルでの戦いに注意してください。

 勝利の条件:彼女があなたにQの跳弾を喰らわないように、あなたのミニオンに注意を払う。

レーンで彼女をいじめ倒してください。

レベル6を過ぎてレーンに出てきた彼女の主な危険性として、彼女の ult に注意してください。

対シビル

Sivirはハードプッシャーでありスケーラーでもあるが、射程距離が非常に低いので、Jhinは優れた射程距離とアビリティでレーン内で彼女をいじめることができる。

射程距離が短いので、Jhinは彼女をレーンでいじめるのが簡単です。

その後、あなたのWを使って彼女を閉じ込めようとすることもできるし、あなたのサポートが自分のアビリティでフォローすることもできるし、その逆もできる。

レベル6を過ぎると、一人で捕まったり、押し上げられたりすることに注意してください。

このレーンでDoran’s Ringを始めることを検討してもいいだろう。

 勝利の条件: 彼女に突っ込ませないようにし、彼女の射程の短さとゲーム序盤の弱さをついてください。特にゲーム中盤と後半は、彼女のultに注意してください。

対トリスターナ

序盤は弱く、終盤は強いという他のADCと同様に、強いショートトレードを活用しましょう。

序盤であっても、彼女との長期間のトレードは避けよう。

あなたがあまりにも長く彼女との戦闘にとどまっている場合、彼女はE爆発チを使うことができ、ロケットジャンプ(W)を取得することができ、

それはおそらくジンが死ぬか、もしくはヒールを打つ必要があります。

トリスターナは非常にタワー折り性能の高いチャンピオンです。

タワーに押し込まれるのを避けることが非常に重要です。

彼女がよっぽどフィードしている場合を除いて、ゲームの全てのポイントで彼女との1対1は避けよう。

 勝利条件:レーン内で彼女をいじめ、戦いに参加しすぎたり、巻き込まれたりして彼女にキルされないようにしましょう。彼女はあなたを出し抜いてくるので、早い段階でリードを確保するために最善を尽くす必要があります。

対ツイッチ

TwitchはJhinがレーンで暴れ回るのが非常に簡単なもう一つのADCだ。

Qと4発目で彼に嫌がらせをし、彼に自由にファームさせないようにしよう。

Twitchとの戦いが長くなればなるほど、彼のDeadly Venomスタックのせいで勝てる可能性が低くなるからだ。

短時間のトレードを繰り返し戻ってくるようにしましょう。

彼にオールインする機会を探し、彼の機動力の低さをついてください。

他のどのADCよりも、Twitchは彼がレーンからいなくなった時にPingを鳴らしたい相手だ。

彼がローミングしようとしていることをチームが気づくのを助けよう。

 勝利の条件: 短いトレードで彼をレーンから追い出してCSリードしようとし、オールインして彼を殺すチャンスを探す。

ゲームのどの時点でも彼のステルスギャンクに注意し、彼が行方不明になった時はpingを鳴らし、チームが気づくのを助けよう。

対ヴァーラス

VarusのQ を避けるのに苦労しているなら、早めにブーツを買うことを検討した方がいいかもしれない。

他の移動性能の低いのADCのように、レーンでVarusに嫌がらせをしようとし、彼にオールインするチャンスを探し、チームが彼をギャンクして殺す機会をセットアップしてください。

レベル6では、彼との距離を保つか、彼のultを避けるためにフラッシュの準備をしておくといいだろう。

現在のメタではVarusのtierは高くないので、レーンで彼を踏みつけようとあまりプレッシャーを感じないでください。

ゲーム後半に差し掛かるとクリティカルアイテムにより優位を取ることができます。

 勝利の条件: ハラスしてオールインを狙う。

あなたのアイテムの状態が彼よりも良いので、あなたは彼を上回る攻撃性能を持つことができます。

対ベイン

☆オートアタックパッシブを有する他のADC同様、シルバーボルトがあるのでヴェインとの長期的なトレードは避けたいところ。

Q+オートを投げてすぐ戻る、これを繰り返したい。

あなたはレーンでVayneをいじめるために最善を尽くしたいでしょう、彼女がファームに歩いてくるときに彼女にダメージを与えることで彼女を攻撃するようにしてください。

彼女が6になったら、あなたは決して彼女と1対1になりたくないでしょう。

彼女が極端にフィードしていない限り、あなたは勝てません。

彼女のパッシブはあなたを追いかけることができるので、彼女があなたを追いかけてきたり、あなたの側についてきたりすることに注意してください。これは主に2v2でレーン戦をしていて、彼女が ult を持っている場合の懸念事項である。

 勝利条件: 彼女が弱いうちに、彼女をフィードさせ、レーン内で彼女を殺すようにしよう。彼女を 1v1 にすることに注意し、彼女の側面攻撃の可能性に注意してください。

対ザヤ

ザヤのパッシブの羽の位置に注意して、ダメージを受けたり、タダで大ダメージを受けたりしないようにしましょう。

レベル6までは、彼女はギャンクやオールインに非常に弱い。

この間に彼女に嫌がらせをしてみたり、タワー近くでワーブをフリーズさせて、チームにとって彼女を簡単にギャンクのターゲットにしてみよう。

レベル6以降は、彼女はあなたの弾丸をかわすために彼女の ult を使うこともできるので、可能であれば、彼女が ult を使うまで自分のultを保持するようにしてください。

そうでない場合は、Eであなたのショットを1発かわすことができることを心に留めておこう。

彼女のスキル構成は他のADCよりも序盤のオールインが得意で、特に彼女がラカンとduoの場合、他のADCよりもはるかに優れている。

ラカンにエンゲージされることには注意しよう。

 勝利の条件: 可能であれば彼女の羽でやられないように慎重にプレイすること。レーン内で彼女に嫌がらせをする。彼女のR を先に出させることを忘れないでください。

対その他:ノンマークマン

非マークスマンをプレイすることの人気は、時々訪れるが、ヤスオやモルデカイザー…あるいは他のファイターやメイジがボットレーンのキャリーの役割を担っているのを目にすることがあるだろう。

これらのレーンのほとんどでは、トロールピックではないと仮定すると、

非マークスマンがボットレーンで人気があるのには、

レーン戦の段階で伝統的なボットレーンキャリーよりも強く、先手を打つチャンスがあるからである。

敵のボットラインはJhinにオールインさせるチャンスを探している可能性が高いので、安全にプレイしたいだろう。

射程距離を活かしてAAやQを相手に仕掛けるようにしましょう。

あなたは殺されないように最善を尽くし、できるだけCSを上げることを期待することができます。

 勝利条件: 通常、このようなレーンで死なないことがあなたのチームにとっては相手よりも有用な存在になるだろう。

彼らのチームにはおそらくマークスマンがいないので、ドラゴンやタワー、バロンなどの目標を取るのに有利になります。ただ、スケールして餌にならないように最善を尽くしてください。

あなたがそれらの上でキルを拾うことができれば、より良い結果が得られるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました