スポンサーリンク

NAのDIAMOND-jhin(ジン)使いが教えるjhinの使い方。byEmiru日本語訳【その1アイテムビルド編】

GAME Legue of Legends ビルド翻訳

twitchストリーマーでEAダイアモンドのEmiru氏がjhinのわかりやすいビルドの詳細を掲載しているのでざくっと日本語訳してみました。

導入

ハロー!!私の名前はEmiruです。
私はtwitch.tvのストリーマーでJinxとJhinプレイヤーです。
Jhinが発表されて以来、私は彼のキャラクターとしての全てに惚れ込み、それ以来、私のメインチャンプの一人として彼をプレイしています。
彼のデザイン、ボイスライン、プレイスタイルはどれをとってもユニークで楽しいものです。
私がプラチナVになった頃に彼を手に入れ、以来、ダイヤモンドIIでピークを迎えています。

このガイドは私自身の経験と意見の集大成ではありませんが、パッチが更新されるたびに、最高勝率のビルドやルーン、チャレンジャーのプレイヤーがどのようなボットレーンをしているかなどを調査して、それをすべて一つのアクセス可能なガイドにまとめています。私の知識の集大成が、他の人がJhinをより快適にプレイできるようになる手助けになることを願っています! ❤

アイテムビルド&ビルドアップ

武器

ドラン剣

ドラン剣は、たとえ負けることが予想されるレーンでも、ほとんどの場合、装備したい。
ドラン剣は、トレードや戦闘が頻繁に行われることが予想されるレーンでは最適な選択であるが、敵のbot構成がダブルポークのレーンに対しては、ドラン盾も有効である。

ストームレイザー

今回のパッチでは、ほぼ全ての味方と構成と敵マッチアップにおいて、
まずストームレイザーを装備することを念頭入れておこう

インフィニティエッジ(IE)

インフィニティ・エッジはJhinのコアアイテムの一つなので、
ダメージと機動力を最大化するために可能であればクリティカル100%を目指したい。

ラピッドファイヤーキャノン(RFC)

ラピッドファイアーキャノンは追加のクリティカルパワーと射程距離(攻守ともに優位を取れる)を提供してくれるので、ADCとしてはかなり堅実なゲーム中盤/後半のアイテムである。
もしスタティック・シヴとラピッドファイアーキャノンのどちらかを選ぶのに悩んだ場合、シヴはプッシュとAOEダメージに強く、RFCは安全/容易なポークと戦闘に強い。
大抵の場合はRFCの方が頼りになると思うが、ゲームが長引けば両方揃える場面も多い。

スタティク・シヴ

攻撃速度はパッシブによるADバフ、移動速度による機動力のバフとなっている。
通常、ジールのコアアイテムとしてはスタティック・シヴはお勧めできないが、
ウェーブクリアや追加バーストダメージには便利だが、一般的な状況ではラピッドファイアーキャノンやファントムダンサーほど頼りにならない。

ファントムダンサー

ファントムダンサーのパッシブはライフラインで、HPが30%以下になるダメージを受けるとシールドを付与する。そのため、バースト対策に有効なアイテムであり、アサシンに対しても有用である。
ファントムダンサーをガーディアンエンジェルの代わりに、ゲーム終盤の防御/サバイバルアイテムとして注目してみてはいかがだろうか。
ジンの移動速度とダメージにクリティカルと攻撃速度が追加されているのもいい。

ドミニクリガード

敵チームが多くのアーマーを積んでいる場合にはLord Dominik’s Regardsは良いアイテムだが、敵がタンキーな場合でも純粋なダメージよりも回復阻害で対抗する方が良いチャンプが多いため、モータルリマインダーの方が良い場合が多い。
モータルリマインダーよりもドミニクリガーズの方がいいと思う状況は、敵が砂時計やデッドマンズプレートのようなアーマーを持っていても、敵が回復スキルをほとんど持っていない場合である。

モータルリマインダー

最近のゲームでラストウィスパーを構築していると、ドミニクリガーズよりもモータルリマインダーを使うことが多い。
フリーとフットワークやブレードオブルインドキングを持つADC、「ナミ」や「ジャンナ」のようなサポートを持つ敵、「ダリウス」のようなトップレーナー、そして回復やシールド効果のある全英チャンプなど。回復阻害を積むことが必要ないゲームは稀だろう。

物理防御貫通に大きな関心を持っているわけではない。
敵チームがたくさんのヒーリングを持っている場合、例えば彼らのチーム全体が柔らかい構成だが「ソラカ」がいる場合、あなたはただエクスキューショナーコーリングを積み、他のアイテムを買い集め、あとでモータルリマインダーを仕上げることができる。
もしこの作戦を取るならば、2番目か3番目のアイテムに取り組んでいる間のどこかの時期に、エクスキューショナーコーリングを早めに購入したいと思います。

エッセンスリーバー(ER)

エッセンスリーバーは、インフィニティエッジの代わりとなるファーストピックアップアイテムとしては、あまり人気のないアイテムです。
エッセンスリーバーを使えば、純粋なダメージ量は少ないが、マナ回復によるアビリティのポーク能力が増える。
エッセンスリーバーのビルドをしようと思ったら、最初に完成させるアイテムはエッセンスリーバーになる。
その上でジールを手に入れてからIEを手に入れよう。
IEよりもERにしようと決めた場合、基本的にはダメージを犠牲にすることになる。
余分なマナとCDRを使ってWとRでポークをし、仕掛ける隙とを探すことになる。
このビルドはソロプレイよりもチームプレイに依存しているので、チームに自信がない場合はソロキューにはお勧めできない。

マーキュリアル・シミター

ADC をプレイする場合、ゲーム中盤から後半にかけての目標は、捕まったり殺されたりすることなく、敵チームやオブジェクトにできるだけ多くのダメージを与えることです。
ベストなポジショニングをしていても、一部のCCは非常に避けづらかったり、ミスが発生したりする。
マーキュリアル・シミターのアクティブスキルは、あなたの “一回だけなかったことにできる “カードです。忘れずに賢く使おう。
エクスキューショナーコーリングやモータルリマインダーについてのメモと同様に、ゲームの序盤や中盤にクイックシルバーサッシュを構築しておいて、ゲームがそこまで長くなったらマーキュリアル・シミターを後回しにした方が効率的な場合もある。
もしスタンやキャッチなどでキルされてしまうことが多い場合は、クイックシルバーサッシュの購入を後回しにするよりも早めに購入することを検討してみてください。

ガーディアンエンジェル

一般的に、私がガーディアンエンジェルを構築するのは、フィードされたゼットや他の巨大な脅威のような、死を避けるのが非常に難しい脅威があるときだけである。
理想的な状況では、ほとんどの死は適切なポジショニングや適切な選択によって回避することができますが、あなたはチーム戦で死ぬことを避けられない場合があります。
でも大丈夫、ガーディアンエンジェルを構築してください。
ガーディアンエンジェルはゲーム終盤のアイテムとして、できれば最後のアイテムにしておきましょう。
もちろん例外もあるが、ゲーム中盤や終盤に何度も何度も死んでしまう場合、問題はGAがないことではなく、位置取りや判断力、マップの認識力にあると思われる。
移動速度パッシブを有利に使い、敵チームの手の届かないところにいよう。
また、エクスキューショナーコーリングやクイックシルバーサッシュと同様に、前もってストップウォッチを購入しておくことで、適切に使用すれば戦いの流れを変えることができ、リードを得ることができる。

ブラッドサースター

特にJhinにとって最高のルーンはフリーとフットワークであり、マーキュリーシミターは既にブラッドサースターでは太刀打ちできないようなライフスティールとユーティリティを提供しているので、これ以上のライフスティールを拾う必要性はない。
とはいえ、Jhinや他のADCには間違いなくまだ使えるアイテムであることは間違いない。ただ、ほとんどのビルドでは、追加のダメージやライフスティールが必要な場合は他のアイテムに投資した方が良いと思う。
しかし、敵のCCが問題ではなく、さらにサスティンを求めているのであれば、ブラッドサースターは強力な選択肢となるだろう。

ブーツ

ブーツ・オブ・スウィフトネス

スウィフトネスのブーツがJhinのブーツの定番となっているのは、特にJhinがクリティカルアイテムを持った後は、移動速度が生き残るための主な手段となり、キルを追いかけるための手段となるからである。
スウィフティはこのパワーを高めてくれる。
移動速度を上げることでスキルショットをかわしたり、キャッチから逃れたりすることが容易になるからだ。

バーサーカーブーツ

バーサーカーブーツは Jhin のパッシブである Whisper のおかげで攻撃速度が上がり、ダメージがアップするので、滅多に買わないとはいえ Jhin にはまだ使える。
バーサーカーブーツを購入するシチュエーションは、ダメージは欲しいが移動速度はあまり必要としていない場合だ。
しかし、99%の場合、Jhinのキットとブーツ・オブ・スウィフトネスの相乗効果は見逃せない。
ゲーム終盤で追加ダメージが必要だと感じたら、ブーツ・オブ・スウィフトネス
をバーサーカーブーツと交換するのもいいだろう。

忍者足袋

忍者タビはアーマーを提供していますが、主な強みは、基本的な攻撃のダメージを軽減することから来ていることを覚えておいてください。
つまり、ZedやRengarを相手に苦戦している場合、
忍者足袋はオートアタックではなくアビリティによるダメージがほとんどなので、あまり役に立たないだろう。
当に必要な場合以外はJhinに忍者足袋を構築するのは避けたい。
ADCとしてのあなたの仕事はチームに安定したダメージを与えることである。しかし、チーム全体がオートアタッカーであったり、ダメージの主な供給源が全てオートアタッカーであったり、Dravenを選んでいたりする場合、敵は間違いなくダメージを与えられず、彼らの勝利に対抗するのに役立つだろう。

各種マッチアップは次回更新します。お楽しみに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました