Mount&Blade Ⅱ『Bannerlord』 – AfroNeoのカルラディア戦記 Vol.2【新作プレイルポ】

Mount&Blade Ⅱ

あまり日本で流行していないゲームをストアページの解説だけで踏ん切りをつけるのは難しいところがあります。
当サイトではそれらを人柱的な体当たりレポートを【新作プレイルポ】としてお届けしていっています。
今回ルポするのはMount&Bladeの新作、Mount&Blade Ⅱ『Bannerlord』。
10年来の友人でMount&Bladeをこよなく愛するAFRONEO氏が一気呵成に超主観でお送りするシリーズ、『AfroNeoのカルラディア戦記』の第二弾になります。

攻城戦モード「シージ」をプレイ

やあ、カルラディアの親愛なる諸君。
M&BIIをこよなく愛す AfroNeo だ。
さて、今回は前回プレイしなかった攻城戦モード「シージ」をプレイしてみたいと思う。
あらゆる面が前作と比較して改良された今作だが、特に劇的な進化を遂げたといえるのが 今作の攻城戦だろう。
トレーラーを見る限り、前作にはなかった投石器(マンゴネル)や破城槌(バッテリング・ ラム)といった攻城兵器が登場し、守備側も同様に大型弩砲(バリスタ)のような兵器が城 壁に備えられることで、前作にはなかったダイナミックな攻城戦が展開されることが予想されるからだ。
まぁ何はともあれまずはみんな仲良くランスチャーーーーーーーージ!!!

※前回も触れたが、今作のロード画面は前作に比べ各勢力の魅力が詰まった美しい絵になっており、とても素晴らしい。

前回はややレビューの要素が多かったが、今回はシージモードの魅力を存分にお伝えすべ く、なるべく時系列ごとに私の攻城体験を語っていきたいと思う。

攻めて攻めて攻めまくる!

試合開始直後の画面、今回は攻撃側。

説明では60VS60と書かれていたが、どうやら今回の戦闘は20VS20のようだ。

※初の攻城戦に前方にそびえる要塞をどうやって攻略するか考えながら仲間と進軍する。
※誰かが投石器(マンゴネル)で攻撃しているようだ。
※高く固い城壁を前にうろうろしていたところ、進軍する破城槌(バッテリングラム)を発見した。
早速私も仲間に入れてもらうことにする。
※当然ながら攻城の要となる破城槌は敵の集中砲火を浴び、一緒に押していた仲間は全滅。 私も直後に弓兵の餌食となった。
※一方的に打たれるのは癪だったのでマンゴネルで一発お見舞いすることに、その後ここは仲間に任せて進軍を再開した。
※今度は運搬中の攻城塔を発見、仲良く運搬することに。攻城塔は壁が高く横からの攻撃を 恐れることなく進軍ができた。
※城壁に取り付けた攻城塔から早速攻撃に移る仲間たち。私も一緒によじ登る。
※乗り込んだ先には E の文字が印された旗があった、あれらを占領することが攻撃側の目標である。
※攻城塔の上は守りが厚く、作戦を変更して中央の門を突破しようと向かったところ、
無残な姿になった破城槌の姿を発見した。こうなっては門の突破は不可能だ。
※その後も攻城塔を使った攻撃を続けたが、決定打にかけ戦いに敗北してしまった。
初めて の攻城戦は残念ながらうまくいかなかったようだ。
※気を取り直して早速 2 戦目、今度は壊されたりしないことを祈りながら、私は仲間と6人がかりで破城槌を運んでいる。
※矢で撃たれようと鋼の意思で進み続ける一行、だが激しい攻撃の前に一人、また一人と倒 れていく。
気づけば最後に残ったのは私一人だった。
※どうやら仲間たちを倒した犯人は、あそこから一方的に撃ってくる弓兵達のようだ。 よくも仲間たちを!許さん!許さんぞ!!
※弓兵達の集中攻撃を受けながらも決死の覚悟で破城槌を運び続け、ついに城門まで到達 する。
※その後、後続の仲間たちと協力し、ついに城門をぶち破ることに成功。
※扉を破った先にまた扉が!さらにここは左右や上から一方的に攻撃可能なキルゾーンとなっていた。
それでも皆で力を結束し、さらに扉を破壊しようとする。
※ついに第二の扉の破壊にも成功、なだれ込む仲間たちとそれを阻止せんとする敵部隊が 激突する。
※キャラクターを騎兵に変更してプレイ、とは言っても広場の敵を蹴散らした後はすぐに 下馬して旗を取りに行く。
※一つ、二つと今回は順調に旗を確保していく。
※そしてついに敵の本丸の旗を発見!だがそこに続く道はすべて障害物で塞がれているようだ。
※だったら壊せばいいじゃない!というわけで、私はばっこんばっこん障害物をぶん殴って破壊することにした。
※壁をぶっ壊した瞬間、弓やら投げやりやら構えた敵兵さんたちの熱烈な歓迎を受け、私は帰らぬ人となった。
※戦いも終盤戦、最後の拠点以外は全て制圧が完了し、私がぶち壊した穴から仲間が次々と 旗に向かってなだれ込んでいく。
勝利は目前だ!
※仲間たちとともに迫りくる敵を蹴散らし、とうとう最後の旗までたどり着く。
※完全に旗の制圧が完了、敵のポイントが急速に減少していく。
※ついに念願の勝利を収めることに成功!初戦の雪辱を果たした。

おわりに

いかがだっただろうか、前作から革新的な進化を果たした本作の攻城戦。
攻城側の新しい装備や兵器は一式紹介できたと思うが、まだ私はこのモードを十分しゃぶりつくしたとは言い難い状態だ、そのため私は大変楽しめたが、あえてこのモードについて現段階では批評しないでおこうと思う。
皆さんにもこのゲームモードの面白さは是非プレイして実感してほしい。
私のこの拙いレポートで十分にその魅力が説明できたとは到底思わないが、その十分の一でも伝われば幸いだ。
今回は攻撃側だけのレポートだったので、次回は防御側の視点でレポートできればと思う。 まだ紹介していない、「スカーミッシュ」や「チームデスマッチ」、もしくはシングルプレイ なども順次紹介していきたい。

それでは皆、またカルラディアの地で会おう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました