ScalaCubeで建てたMinecraftのSCP-Lockdownのサーバーに入れない場合の対処法

Minecraft

REALMSではForgeを使ったMODの導入が困難ということで、
SCP-Lockdownを簡単導入できるというレンタルサーバー、ScalaCubeでレンタルしてみました。
結果、とんでもなく大変だったので対処法を書きます。

シングルでSCP-Lockdownを遊ぶ方法のおさらい

これは意外に簡単です。

①、起動構成からクライアントを1.22.2にします。

②、最新版の1.12.2のForgeを手に入れます。

③、②をインストールし、起動構成から立ち上げます。

④、modsフォルダに最新版のSCP-Lockdownのjarを入れます。

⑤、③で立ち上げたForgeから起動し、シングルプレイを選ぶだけ。

これでシングルプレイでSCP-Lockdownがプレイ可能になります。

サーバーに接続する際に絶対守らないといけない約束事

①、サーバーとクライアントのバージョンを合わせる

②、サーバーと導入しているMODを合わせる。

この2点は必須事項です。

今回、ScalaCubeでてこずったのもここが原因です。

ScalaCubeでSCP-Lockdownでトラブった原因。

サーバーのバージョンとクライアントのバージョン、そしてMODのバージョンも揃えて、いざプレイ!!と思ったのも束の間。

画面に収まらないエラーの量。

どうやらMODが大量に足りないとの表示。

なにかがおかしい・・・。

当初、ScalaCubeでのSCP-Lockdownパックは
VPSでSCP-Lockdownが遊べるよ!!ってことだと思っていました。

そこがそもそもの間違いでした。

正しくは。

俺が考えたSCP-Lockdownを最高に楽しむためのMODセットアップをサーバーにインストールしてやったぜ!!!

でした。

つまりはSCP-Lockdown以外に大量のMODを導入しないと、プレイできないということです。

僕はとりあえずSCP-Lockdownが遊びたかったので、

FTPでサーバーにアクセスして、SCP-Lockdown以外のMODを全部外し、

サーバーを再起動。

しかしまだ弾かれます。

サーバーのコンソールを見たところ。

ScalaCubeでは1.12.2-14.23.5.2815というforgeを使用していることが判明。

導入。

さらにSCP-LockdownもSCP Lockdown-1.12.2-2.0.10-betaを使用しています。

こちらを入れなおし

無事にサーバーに入ることが出来ました。

まとめ

①、forge 1.12.2-14.23.5.2815をインストール

②、SCP Lockdown-1.12.2-2.0.10-betaをmodsフォルダに入れる。

サーバーに参加する場合はこれでOK。

③、FTPで自分のScalaCubeサーバーにアクセス。

④、Modsの中のSCP-Lockdown以外のMODをすべて除く

(modsの中にun-used等のフォルダを作って退避してもいいです。)

⑤、サーバーをリブート。

これで大丈夫なはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました