スポンサーリンク

目指せAmazon!ITベンチャーの社長になって巨大企業と競争する経営シミュレーションゲーム『Startup Company』【インディーゲーム速報】

新作情報

インディーゲーム速報と題してお送りしているこちらのシリーズ。
今回はHovgaard Gamesが開発・提供する経営ゲームの紹介です。

『Startup Company』

Startup Company: Release Trailer

ベンチャー企業を経営し、世界有数の企業へと成長させるのが目的のゲーム。

設備や技術等のツリーを開放していく形のゲームが多いなか、こちらは人材が力。

いかに優秀な人材を雇い、そしてトレーニングしていくかがカギになります。

ヘッドハンティングの労務交渉もCEO自ら行うことができます。

給料を払えばおわり、そうではありません。
それぞれの従業員には欲求があり、生活があります。

退職金は欲しいし鉢植えもほしい。
また彼らは必ず定時に帰ります。そこも考えた上でワークフローを組む必要があります。
またプレイヤーには49年という退職までのリミットがあり、悠長にやってると退職してしまいます。

そういう意味ではよりリアルな経営者としての手腕が問われるゲームになるようです。

日本語化の有無は?

公式対応言語には日本語対応と書かれていますが、どうやらまだ対応してませんね。
プレイ時は英語でやる必要があります。

アーリーアクセスは終わっている?

最近のゲームでは珍しく、長い期間のアーリーアクセスを取っていません。
すでに製品版となっています。

値段が安い、ボリュームは?

このゲーム、定価1320円です。
実績数は29個、そこまでやりこむ要素はありませんが、コスパはいいかも?

コメント

タイトルとURLをコピーしました