スポンサーリンク

ウクライナから愛(カロリー)を込めて?サーロを作ってみる。

Essay 料理

最近、とある友人からロシア料理本をもらいまして、まぁ作って食わせろってことなんでしょうが、これが結構面白いんですよ。

荻野恭子さんの『ロシアのスープ』。

今年はこの本を頼りにロシアに思いを馳せようと思います。

そんな今回は第一弾。

『サロ』または『サーロ』

ロシア料理で定番の保存食らしいですが、源流はウクライナ料理らしいです。

サーロウクライナ語:сало / salo)は、ウクライナ料理で供される、脂身塩漬けである。「白豚脂」と意訳される。食用油脂のラードと異なり、未精製で食される。ボルシチヴァレーヌィクと並んで、ウクライナの代表的な伝統料理である。

サーロとは体内脂肪のことである。

サーロという単語はスラブ[要説明]のSADLOに由来している。その語幹「SAD」はSADIT`SYA(座る、つく)のと同じで、つまり、SADLOというのは「肉に付いているもの」という意味になる。時代が流れ、Dが抜けてSALOになった。スロバキア語では今でもSADLOという。

ベラルーシロシアでは「サーラ」。ポーランドでは「スウォニーナ」、南スラヴ諸国では「スラニーナ」と呼ばれている。

ビタミンA/E/D不飽和脂肪酸が豊富で、770–870kcal/100gの熱量をもつ。

脂肪源として古来[いつ?]より重視された。農家や、戦争に出かけるウクライナ・コサックはいつもサーロを保存食として持参していたという。

18世紀初めのヘーチマン国家における忠心隊の1日分の糧食にはサーロの割合が30.8 %を占めており、ウクライナの食文化におけるサーロの重要度を物語っている。それに対し、同時代のポーランド兵士の1日分の糧食には、サーロは0.6%、は0.005%だけであり、ロシア兵士の場合はサーロがなく、1日分の糧食の13.21%が肉で占められた[1]ウクライナ人のサーロへのこだわりは、東欧諸国においてしばしば笑いのネタにされており、ウクライナ人を「サーロ食い」と呼ぶこともある。

ウクライナ人の食生活では、以前[いつ?]はサーロはパンとならぶ主食の1つであったが、生活様式の変化と、現代の人々の間に広まった低カロリー志向から、前菜的な役割のみ担うようになった。

なお、東欧の伝統医学におけるサーロは、捻挫切り傷の際に痛み止めとして有効と考えられていた。

現在、サーロはウクライナ料理の他に東欧諸国の料理にも用いられている。

サーロは、生、塩漬け、スモーク、茹でて、煮込んで、焼いて、食べる。そのまま食べる場合は、スライスして、黒パンウォッカ、塩、生ニンニク、生タマネギ、生ネギ、胡椒、辛子などと共に食される。

以上wikipediaより転載。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%AD

wikipediaにしてはきちんとまとめられている、これは面白そうな食材だ。

本の通りに作ってみる。

といっても、まんま転載するのは著者に申し訳ないので手順のみ。

本当は背脂の塩漬けなんですが、豚バラでもいいとのことなので

なるべく脂身の多い豚バラを買ってきました。

これに塩と砂糖と胡椒を混ぜたものをすりこむ

そしたら保存袋に入れて2〜3日でOKとのこと。

3日後が楽しみです。

安全性と自己責任

本来のサロは生食するようです。

でも僕は豚肉の生食なんて怖くてできません。

それに脱水も適当になりそうな今回はしっかり加熱してから食べようと思います。

この記事を真似して食中毒になっても責任を追いませんので悪しからず。

コメント

タイトルとURLをコピーしました