東ドイツ軍VS日本軍 新旧レンズ対決という名のブツ撮り練習【コケモモ成長日記4月編】

Essay カメラ 写真

おおげさなタイトルをつけましたが、いい被写体を手に入れたので撮り比べてみます。

今回手に入れたのはこちら。

石木花さんhttps://www.sekibokka.jp/カマツカコケモモ鎌柄苔桃)

ミニ盆栽みたいなやつです。

せっかくなので毎月の成長日記でもつけようと思い、パシャパシャ撮ってたのですが
傍目でうちのパンカラーちゃんが寂しそうにしてたので、そっちでも撮ることに。

さらにさらにせっかくなので、撮り比べてみようと思い今回の記事になりました。

F値は接写ブツ撮りということでF8で固定で行っています。
現像時は露光を揃えるくらいの処理に留めています。

トップバッターはこいつ

Carl Zeiss Jena Pancolar 50mm f1.8

銘玉として名高いパンカラー、うちのは後期のシルバーゼブラモデルになります。

F8だと芝には焦点が合わないってことに全部撮り終わってから気づきました。

もっと派手にボカす感じだといいかも?

芝フォーカスだと上がボケちゃう。でも撮ってて楽しい。

逆光でもパシャり、定位置は本棚のここになりそう。

FUJINON XF28mmF2.8

同じ画角で取れやあほって言われそう。

ぜんぜん使用感も色も画角も変わるからどうしても構図も変わっちゃうごめんなさい。

感想

やっぱり撮ってて楽しいのはパンカラーですね。
マニュアルフォーカスってこともあって時間はかかるけど、
よりその被写体の構造、質感等をつかめるので撮っててとにかく楽しい。

一方フジノンの方はパンケーキレンズということもあり、
そこまで深い描写は要していない気もします。
ただ、前回の記事のようにぶらりと街撮りするなら断然フジノンです。
やはりそれくらいオートフォーカスは強い。
撮りたいを即閉じ込める。そういう用途ではやはり小さくて軽いのはいいですね。

コメント

  1. Frank より:

    It is appropriate time to make some plans for the future
    and it’s time to be happy. I have read this post and if I could I desire to suggest you
    few interesting things or advice. Perhaps you can write next articles referring to this article.

    I desire to read even more things about it! Hi, I log on to your blogs
    on a regular basis. Your humoristic style is witty, keep up the
    good work! Saved as a favorite, I love your web site!
    http://vans.com

タイトルとURLをコピーしました