スポンサーリンク

『特集』石木花のミニ盆栽が全損したので金継ぎで救う。

Essay 写真 特集 金継ぎ

ベランダで日向ぼっこさせてるミニ盆栽たちですが、
洗濯物を取り込む際引っ掛けてしまい、床へ落下。
ぱりーんとなってしまったので、やりたかった金継ぎをしてみます。

全損というべき壊れ方。

ちょうど絨毯から外れたフローリングの上に落ちたため、パリーん・・・と。
石木花というブランドのミニ盆栽なのですが、替えの鉢もサイトで販売はしていますが、気に入ったのは欠品。
どうしたもんかということで、以前から気になっていた金継ぎを。

金継ぎとは

金継ぎとは破損した器などを漆を使って補修し、補修痕に金粉などの金属粉で装飾して仕上げる技法のことです。

その歴史は古く、縄文時代の出土品にも金継ぎの痕がみられるということです。

その金継ぎの中の現代版との言うべき金継ぎ、簡易金継ぎに今回挑戦します。
本来は漆と金粉で行うのが正式な金継ぎですが、合成樹脂と真鍮紛を使ったもの。

簡易とはいえ、特殊な材料と技術が必要なので、キットを購入してみました。

簡単金継ぎキット(スターターキット)
▼コメント 初心者でも比較的簡単に金継ぎができる材料を金継ぎラウンジがパッケージ化しました。金継ぎワークショップの時に使う基本材料が入っています。漆は使用せず合成樹脂を使いますので、かぶれる心配もありません。(合成樹脂は食品衛生法に通っているものを使用しています) 是非お気に入りの器やカップを直してあげてください! ...

簡易とはいえ、結構なお値段します。

説明書、面相筆、絵皿、耐水性紙やすり# 400、エポキシ接着剤、エポキシパテ、金粉(真鍮粉)銀粉(アルミ)、テレピン油、合成樹脂、袋 これらが入っています。

では早速。

器の補修

器の土汚れを落とし、よく拭き取り。

2液式のエポキシ樹脂で固着させます。

この時結構シビアにはり合わせる方がいいです、仕上がりに直結します。

接着したらマスキングテープで仮止め。

隙間にパテを詰めていきます。

詰めたらカッターやデザインナイフで余分なパテを落としていきます。

これ、便利ですよ。

こんな感じで、割れのラインに沿って綺麗にしていきます。

そしたら

いよいよ塗り

テレピン油と合成樹脂、そして真鍮粉を混ぜて色つけしていきます。

昔っから絵の才能がないので難しいです。

こちらの面はパテを仕込まなかったのですが、隙間ができてしまっています。

これも味か?といえないこともないですが、やはり反対側のパテで仕上げた方が綺麗に見えますね。

後日、やり直そうかな。

そんなこんなで、

完成系がこちら

一段と味わい深く、また愛着が湧きますね。

こちらの面はやはり気になる・・・。今度やり直そう。

金継ぎの感想

率直に行って楽しいです、そして愛着が増しますね。

しかし合成樹脂で金継ぎを行う以上、食器に施すには抵抗がありますし、
食品にも安全な本来の金継ぎにもチャレンジしたいところ。
でも漆って被れるんだよなぁ・・・。

まあまだ材料はあるので、いろいろやってみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました