音楽ニュース

雨の日に聞きたい、今週のおすすめ洋楽2019.6月第3週目

最近仕事が忙しくてぜんぜん更新できてませんが、細々と。

今週気になったやつを適当に並べていきます。

カラッと晴れない雨の日が多く、日本の梅雨を満喫する、そんなチルな曲が多めです。

DLJ – Deep Sleep (w/ TABAL)

フランス人のトラックメイカーDLJ、lofi -hiphopを中心に曲を作ってるみたいですね。

しっかりした安定感のあるリズム隊にメロディアスなメロディライン、

鉄板ですね。

気になった方はこちら。

Our Atlantic Roots – Little Bird

イングランドはコーンウォールの男女デュオ、OUR ATLANDTIC ROOTS。

MacとLauraのハーモニー、そしてブルースやカントリーにルーツを持つギターフレーズ。

どことなくMaeを彷彿とさせるデュオですね。

気になった方はこちら

◆The Lost Hours – To Be Alone

心地よいギター繋がりということで、もう少ししっとりとしたやつを。

ロンドンのシンガーソングライターThe Lost Hours。

アコギとエレキの歪みの抑揚がとてもエモいです。

スポティファイに1曲しかありません、本当に新進気鋭ですね。

一応こちらを。

◆El Train – Never Be Mine (feat. Miki Rose)

打って変わってアーバンなソウルフルヒップホップを。

イギリスはブライトンのトラックメイカーEl.TrainとロンドンのシンガーソングライターMiki Roseのコラボレーション。

El.Trainは今年デビューアルバムをリリースしたばかりで、

こちらも素晴らしい出来となっています、ぜひ。

◆Sebastian Walldén – Summer Love (Lyrics)

またまた打って変わって、エレクトロポップ。

スウェーデンのシンガーソングライター、Sebastian Walldén。

北欧系のメロディーセンスと歌唱力には毎回脱帽ですね。

今月21日にリリースされたばかりの曲です。

エレクトロ一辺倒化と思いきや、こんな曲も。

おわりに

ダムの貯水量にはちょうどいい陽気が続いていますが、雨だからこそ楽しめる音楽ってのものはこの季節に楽しむに限ります。

本格的に夏が来る前に。

来週もお楽しみに。

Suspended 4thがついにPIZZA OF DEATH RECORDS からデビュー

今年一番うれしい音楽ニュースが飛び込んできました。

当ブログ激推し邦楽ロックバンド Suspended 4thがついに

あの PIZZA OF DEATH RECORDSからミニアルバムを出すとのことです。

初の全国流通版 「GIANTSTAMP」 が待ち遠しいですね。

とりあず箸休めにこちらをどうぞ。ぼくはこの曲でsus4の虜になりました。

いつ聞いてもかっこいい・・・。

ぼくも草葉の陰から非公式なロビー活動をしていたのでうれしい限りです。

これからもいろんな局のディレクター・出演者にしれっと布教していきたいと思います。

ツイッターで仲良くさせてもらっているエンジニアのスズキレイトくん。

今や日本を代表する若手エンジニアである彼の活躍にも期待したいです。

アメリカ路上修行の旅から帰ってすぐ、ホーム名古屋で路上を再開した彼ら。

サタニックもお疲れさまでした!!

ピザからデビュー?それと路上は関係ねえとばかりにこれからも路上ライブを続けるそうです。

一つだけ注文つけるとしたら、東京でも路上してくれ~~~・・・。

New Found Gloryが新曲を一挙公開・・・?

New Found GloryのYoutubeチャンネルが一気に動画をUPしました。

新曲か!!!と思いきや、なんか見たことあるじゃけ写だなぁ・・・。

make me sick とmake me sick againの曲をUPしたようなんですが、

別にMVってわけでもないし、よくわからない・・・。

動画詳細欄にはこうあります。

New Found Glory’s song ‘Vacation Day’ from the album, Makes Me Sick Again – available now on Hopeless Records!

うん、それ知ってる。

そもそも君ら前からホープレス所属じゃん・・・。

ん???

さらにコメント欄にはNFG公式から。

Our new movie covers album is out now! Listen to From The Screen To Your Stereo 3 featuring our pop punk covers of songs from Frozen, The Greatest Showman, Back To The Future, Pitch Perfect and more at http://smarturl.it/nfgscreen3 and leave a comment below to let us know your favorites!

とあります。

え?新作カヴァーアルバムの宣伝なの?

よくわかんないよこの宣伝・・・。

一応NFGが出した映画ソングカヴァーアルバムから1個

日本でも松たか子さんやMay Jで有名なれりごーのNFGバージョン

どうせなら全曲どうぞ

やっぱりいつまでたってもMy Friends over youを越えられない感がほとばしる・・・。

Spangle call Lilli line が欅坂の二人セゾンをカバー

良すぎる・・・。

アイドルのヴォーカルワークってどうしても苦手で、いい曲だなぁとは思いつつ

あんまり聞いてなかったんですが、このカヴァーアレンジは秀逸ですね・・・。

最近のアイドル特有のアンニュイなヴォーカルワーク。

透明感と浮遊感の両立をSCLLの大坪さんが表現しています。

個人的には日本最強のダブリングヴォイスだと思っていますが、今回もずば抜けてますね・・・。

また楽器隊も生楽器っぽさが強調されていて世界観を補強しています。

特にクリーントーンでリバービーなギターサウンド、SCLLのギターほんとうにすき。

欅のカヴァーを他アーティストがすることによる荒れを回避している動画のあげ方もいいと思います笑

Tychoが新曲Easyを公開。

Scott Hansen 率いるドリーミーエレクトロニカバンドのTycho

この度新曲をyoutubeで公開しました。

Tychoにしてはソリッドな仕上がり、

RadioheadのHail to the Thiefを彷彿とさせる音感がします。

冒頭のシンセからもう完全に世界観はTychoです、

そこにシンプルなベースが入り、そしてタイトなドラムが入ってくる

個人的にはTychoのドラム、 Rory O’connor のタイトでグルーヴィーなサウンドが大好きなので、今回のEasyは超ごきげんです。

その他の楽曲はこちらからどうぞ

Unknöwn Kunの新曲Keep Tryin’のMVが公開に

先日紹介した和製OwlcityことUnknöwn Kun

新曲のLyric Video、といいつつMVに近いですね。

リリックビデオに実写のMVが付帯している前回同様のスタイル。

MVの内容はなんか日常風景的な映像に二人の女性が踊っているっていう

2パターンのサイクルにおしゃれなリリックが載ってる感じ。

前回同様、英語詩と日本語詩両方が楽しめる良心設定。

歌詞の内容と曲の構成からどうしてもワタリドリを連想してしまう・・・。

歌詞のニュアンスもどことなく似ていますね。

メロディセンスと歌いまわしから非常にキャッチーに仕上がっています

ファンダメンタルが心地よいキックエレクトロスラップなベース

春っぽさを感じる少しトロピカルなメロディと音選び

特徴である、エアリーなピッチダブリングヴォイス。

トンネルの外はもう冬が明けていました的なニュアンスの映像表現が見られることから、雪解けのようなさわやかさ、伊吹を意識してのことでしょう。

本当に春らしく、今の季節外を散歩しながらのプレイリストに。

また海辺のドライブでのプレイリストにも最適な仕上がりになっています。

さすがといった感じです。

次の曲、またアルバムも非常に楽しみです。

ここからは割と辛辣にくっちゃべります。

で、このダンス少女の意味はなに・・・。

ダンスの専門家ではないですが、別に突出してなにかあるわけでもなく。

むしろこれを特徴的に使う意味がなんとなくよくわからない・・・。

楽し気に踊る二人の女子は微笑ましいですが、

洋楽MVでとりあえず女子が脱ぎだすとか。

いきなり工程に大学生が部活の恰好して集まって踊ってそのまま空撮パンアップ

みたいな。そういう雰囲気を覚えてしまって、初見でそればっかり気になって

全然曲が入ってきませんでした・・・。

逆にこの子たちにとってはすばらしいプロモーションになるのかも。

え、だったら動画詳細欄にこの子たちのプロフィールでも書いてあげたいな。

でも曲はめっちゃすき。

紹介記事はこちら!

謎の和製 Owl city?Unknöwn Kun を紹介。 | Smoky Edge.inc
・導入 この曲、youtubeのCMで耳にしたことがある人もいるかと思います。 先日ぼーっとyoutubeを垂れ流していたらいきなりMVがはじまったので ああ、いつもの謎のごりおしプロモーション枠かとばそーと思っ

フルタイム農家ミュージシャン Gregory Alan Isakov

いつものようにyoutubeで音楽を掘っていたら、いい感じのフォークを見つけました。

名前はGregory Alan Isakov

早速いろいろと調べたのですが、バイオグラフィーに気になる一文を発見。

Colorado-based indie-folk artist is a full-time farmer who sells vegetable seeds and grows various market crops on his three-acre farm, while also tending to a thriving musical career.

コロラドで3エーカーもの農地を持ち、フルタイムで農家をしながら生計を立てているミュージシャン。

面白い・・・。

昼間は農地を耕し、作物を育て、夜になるとスタジオに籠り、

機材とともに音楽を紡ぐ、こんな生活もいいなぁと感じさせますね。

2018年にニューアルバムをリリースしました。

Evening Machines

全12曲。

アルバム名が指す通り、どの曲も夜の雰囲気に仕上がっています。

それもそのはず、昼間はフルタイムで農家ですから。

必然的に作業は夜中になるはず、

眠れない夜に機材の明かりに照らされた自分と見つめあう。

それがそのままアルバムタイトルにつながったと彼は話しています。

農作業を終えた彼が薄暗い部屋で紡ぎだす音楽たち

広大な大地と突き抜ける空を表現するフォークが多い中、

非常にダウナーで自分の内と向き合うようなそんな曲の数々。

微睡みのフィルターがかかったサウンド、すべての音が遠くから優しく包んでくる。たとえるなら水彩画のようなそんなサウンドに仕上がっています。

https://smarturl.it/eveningmachines

こちらのリンクから購入ができるので気になる方はどうぞ

spotifyでも聞くことも可能です。

寒の戻りの今日この頃、肌寒い春の夜長にぜひ。

スクールオブロックにThe Birthdayが登場。

3月20日水曜日のスクールオブロックにニューアルバムをリリースした

The Birthdayの

チバユウスケ
フジイケンジ

の両名が出演しました。

https://www.tfm.co.jp/lock/staff/index.php?itemid=12705&catid=36&catid=36

文字媒体はこちら。

3月27日まではradikoのタイムフリーで視聴可能です、ぜひ。

SCHOOL OF LOCK! | TOKYO FM | 2019/03/20/水 22:00-23:55 http://radiko.jp/share/?sid=FMT&t=20190320220000

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus