Factorio+タワーディフェンス=?『Mindustry』を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

雑感

産業系ゲーム、そしてタワーディフェンスが好きなぼくとしては外せない組み合わせゲームですね。

価格は620円とお求め安くなっています。

ただ内容も620円ぜんとしているというか。

多くを期待しない方がいいです。

こちらはスマホゲームとしてもリリースされてますので、そちらを購入した方がもしかしたらいいかも?

遊んでみる

シンプルで懐かしい感じのドット絵ですね。

ワークショップ対応とのことで拡張性は申し分なさそうです。

チュートリアルで基本を学ぶことができます。

チュートリアルがさくっと終わるのはいいですね。

ゲームの基本理念

このゲームは前述した通り、ファクトリオのような工場形成にタワーディフェンス要素を追加したゲームです。

地面に埋まっている資源の上に採掘機を置き、ベルトコンベアでコア(本陣)まで輸送し、防衛タレットを建てる。

資源は無限ですが、より多くの資源、資源の種類を増やすためには

敵がリポップする前線へ拡張しなければなりません。

どちらかというと、タワーオフェンスというのが正しいかもしれませんね。

資源を掘り

防衛網を築き

拡張していく、これの繰り返しです。

資源の種類

ここではネタバレにならぬよう、最初期の資源のみ紹介します。

といっても620円のゲームです、ファクトリオのように複雑さはありません。

鉛とスクラップがとりあえずあります。

これらを使って。

このようなテックツリーを成長させ、防衛能力、採掘効率をアップさせていく感じです。

離脱という概念

このゲームにはいわゆるタワーディフェンスにおけるクリアはありません。

その代わり、離脱という概念があります。

これは集めた資源をもって惑星から文字通り離脱するのです。

次のレベルへ進むという意味ですね。

そして離脱する際に集めた資源をもってテックツリーがアップデートできるようです。

ただ次の惑星に進むためにはある一定のウェーブをクリアしなければならないという制限もあります。

産業の効率化と防衛能力の拡充、ここらへんのバランスはなかなかの出来だと思います。

総評

620円という価格を考えれば十分に買いです。

ですがやはりこういうゲームは昨今性能があがって大画面化したスマホで

通勤中にさくっとやるべきなのかもと少し思ってしまいます。

キーボードとマウスでのプレイは操作性の上で優っていますが、

プチプライスのゲーム、お手軽さには勝てません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA


pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus