MOD

Arctic Dolphin – Amber Stabilized Wood Squonk Mod 分解編

・導入

前回の記事で紹介したArctic Dolphin – Amber Stabilized Wood Squonk Mod

こちらを使用しようといざ電池を入れるも通電不良がすさまじい・・・。

ほとんどパフできないって状態が続いたので分解してみました。

MOD底面のこちらの2本のトルクスネジを取ると分解できます。

分解にはこちらの特殊ドライバーが必要になります。

 

・部品構成

フルメカスコンカーなだけあってシンプルな構成。

木製ボディ

ボトル

底面金具

ファイヤスイッチ部分です。

ボトルと電池の底面には調整可能な蓋がついてます。

 

スイッチ機構

このスイッチが押されると

下の金具が下がって、通電します。

ごらんの通りほとんど下がってませんね。

これだと多分通電しないです。

スイッチしたの調整ねじでいい感じに金属部品の先が電池に触れるように調節してあげます。

スイッチを下げすぎると常時通電してしまうし、ネジ部のずれでスイッチが戻ってこなくなることもありました。

ここらへんの調整はそのまま直接MODの安全性に直結していくので、正直設計ミスのような印象を受けました。

ねじを締めあげると完全に通電しません。

電池のトップが飛び出てることを前提に作られているのかもしれませんね、フラットトップの18650だとちょっと厳しいかも。

 

・金属部品磨き

こちらがこのMODの導通部分に関わる金属部分になります。

結構くすんでますね。新品で買ったはずなのになかなか汚いですね・・・。

とりあえず真鍮製っぽいので酢にぶちこんで放置します。

写真だとわかりにくいですが、くすみが結構きれいになりました。

 

・組み上げ

再び組み上げてパフしてみます。

いい感じになりました。

とにかく立ち上がりが早い、まぁ当然ですが。

やはり基盤を通ってないだけでこの速度、これはうれしいですよね。

抵抗値の管理、ショートの確認は必須ですが・・・。

スイッチ機構に不安が残るため、外での運用はちょっと控えたいと思います。

電池を入れるのもねじ蓋だからめんどくさいし・・・。

安いなりのクオリティって感じですね。

我慢しましょう。

それでもほしいって人は購入はこちらから笑

Arctic Dolphin – Amber Stabilized Wood Squonk Mod 開封編

・導入

今回はフルメカニカルスコンカーのレビューです。

そもそもフルメカニカルスコンカーってなによって話ですが、

フル、何がフルなんだと・・・その前に。

メカニカルスコンカーってなに?って人もいると思います。

レビュー記事でそこを丁寧に書くと導入が長くなるので、そこらへんは後日記述します。

 

・フルメカスコとは

要はこれです。

基盤無しのスコンカーMOD。

下のボトルにリキッドを入れ、押し込むことでリキッドがアトマイザーの下に空いている穴から補充されるっていう

ドリッパー(RDA)のダイレクトな味わいを楽しめつつ、RDAの欠点である頻発するリキッドの補充を簡素化したMOD。

まあひとつの夢のVapeです。

こいつはその中でも所有感をくすぐるスタビライズドウッド製のMODになります。

スタビライズドウッドというのは乱暴に言ってしまうと、「木目に色付けをした木材」のことです。

Smoky Edge.inc
Smoky Edge.inc
http://smokyedge.com/stabwood-の進捗~その2/
for all vaper,engeneer and gamer

以前紹介したMirageは同じような模様ですが、あっちはフルレジン、つまりレジンで色合い、模様を出しています。

Smoky Edge.inc
Smoky Edge.inc
http://smokyedge.com/lost-vape-mirage-dna75c-開封/
for all vaper,engeneer and gamer

どちらも一点物ですが、やはりスタビライズドウッドの方が加工難易度、またそもそもの木目に左右されることから

希少価値が高くなります。

個人的な肌感ですが、市場相場は2万〜10万を超えるものまで存在します。

欲しいなと思ったMODでも、売れてしまえば同じものはおそらく一生手に入りません。

ロット数もそんなに出ないため、人気メーカーのスタビライズドMODはそもそも市場に出回りません。

 

・商品紹介

そんな中で登場したスタビライズドウッドMODが今回紹介する

Arctic Dolphin – Amber Stabilized Wood Squonk Modです。

本家HPはこちら。

Arctic Dolphinは2002年に中国で誕生したVapeメーカーです。

製品ラインナップにスタビライズドウッド、スタビライズドウッドとレジンを組み合わせたハイブリッドウッドのMODをリーズナブルに提供しているメーカーです。

値段は3Avape会員価格$79.9 日本円で9000円いかないくらいです。

https://www.3avape.com/arctic-dolphin-amber-stabilized-wood-squonk-mod.html

日本の通販で購入すると1万3千円くらい、割高なのには色々な理由がありますあとで書きます。

 

 

僕もこの商品を買うまでこのメーカーのことは知りませんでしたが、この価格帯(1万円前後)で提供しているのは素直に驚きました。

・スペック

使用バッテリー :18650
サイズ(LxWxH):83mm x 50mm x 28mm
デッキサイズ:24mm

シンプルで落ち着いた色合い、これは当たりですね。

当たり、そうです、基本的にこういう安価なスタビライズドウッドMODで一番怖いこと。

それは届くまでどんな色が来るかわからないことです。

もちろん選べるMODもあります、でもこの価格帯では難しいように思えます。

さきほども言いましたが、さっきの日本の通販サイトの場合、

購入ページの下の方に詳細な写真とロット番号が付加されています。

つまり自分の好きな色合いを見てから買える気に入ったロットに対して注文ができるのです。

これは非常にありがたいです。

送料含めても3000円ほど割高ですが届いて見て、この色はちょっと・・・ってことにならないだけずっとお得です。

そして色味がわかる分、かっこいいのはすぐに売り切れます、早いもん勝ちですね。

これだけの希少性と所有欲を満たすものだと当然、プレミアがつきます。

元値が1万でも色味によっては数倍になるなんてことも・・・。

僕はこのギャンブルが結構好きで、8000円でめっちゃいい色が来た時の喜びはひとしおです。

もちろん転売なんてしませんけどね笑。

・スタビライズドウッドのポテンシャル

スタビライズドウッドMODの楽しみ、それは色味の変化もあります。

基本的に見本の写真は素の状態です。

これにオイルを塗り込み、ワックスや蜜蝋で仕上げることにより、木目の色合いがより鮮やかになり、

見違える見た目になることがあります。

ここらへんは前回のDaniを磨いた際にもわかったかと思います。

Smoky Edge.inc
Smoky Edge.inc
http://smokyedge.com/daniを磨く/
for all vaper,engeneer and gamer

このMODもおいおい磨いて行こうと思います。

結構印象変わります、楽しみです。

 

こんな木の箱に入ってきます。

窓が割れているのはご愛嬌でしょう。

一応ワランティカードが入っています。

内容物は以上。

潔いですね。

今回はここらへんにして次回は実際に機構、使用感などを書いていきたいと思います。

 

Daniを磨く

先日購入したあれ、

Dicodes – Dani Box V2 Stabilized Wood Edition 開封編 – Smoky Edge.inc
Dicodes – Dani Box V2 Stabilized Wood Editioを開封していきます。

あの高い木の電池入れですが、

内部チップが難しくてなかなか記事化できてません。ごめんなさい。

それはさておき、Daniを磨いてみました。

ここからの作業はすべて自己責任でお願いします。

材質、塗料の浸透具合によっては状態が悪くなる場合があります。

今回使うのはこいつら。

オレンジオイル、ルネッサンスワックス、そしてなんか適当な布。

撮影が拙いため、見にくいですがご容赦ください。

まずは磨く前、本当に美しい木目です。

これをオイルアップします。

オレンジオイルをクロスに染み込ませて割と派手に塗っていきます。

本当は金属部分はガードした方がいいと思います、マスキングテープとかでね。

これだけで木目がよりくっきりと出てきます。

光沢も出て高級感が増しますね。

この状態で20分~30分ほど染み込ませます。

場合によっては染み込んでる塗料が浮き上がってくると思います。

色抜けの原因にもなりますので自己責任で。おせーよって話ですね。

染み込ませたら余分なオイルをティッシュとかでふき取ります。

ふき取るとこんな感じ。

光沢はなくなりましたがしっとりといい表情です。

そんでもって次はこいつを。



ルネッサンスワックス、商品説明曰く、美術品の保護等に使われているみたいですね、結構値が張ります。

こいつの注意書きにもありますが、乾燥した部位に塗り込まないとダメみたいですね。ワックスなんで当然ですが。

ワックスアップするとこんな感じに。

非常にマットな仕上がりに。

ここら辺は好みが分かれそうですね。オイルアップだけでもいいとも思いますが、僕はこのマットな深みが好きなので毎回ルネッサンスワックスで仕上げてます。

難点はこのルネッサンスワックス、すげえ石油臭いです。

一気に部屋がガソリンスタンドみたいになります。

すぐに揮発するんで一瞬ですけどね。

オレンジオイルの香りってすごい心地よいので、オイルの香りが好みだったらやぱりワックスアップはしなくてもいいかもですね。

あとはこれを季節やMODの状態に応じて1~2か月に1回くらいのペースでやれば割れや欠けを防げると思います。

ほかのオイルを試してみるのも楽しいですね。

あくまでも自己責任で。。。

では。

Dicodes – Dani Box V2 Stabilized Wood Edition 開封編

前回の記事の続きです。

長い年月を経てついに到着したDabi Box V2のスタビライズドウッドエディション。

注文したのは11月28日でした。

即返信が、在庫確認後すぐ発送しますとのこと。

しかしながらその後、待てど暮らせど返信がこず。

まぁ海外発送だしなぁと待っていましたが、さすがに2週間音信普通だったため販売店へメールを飛ばしたところ

速攻でお詫びのメールが・・・。

どうも販売元のアメリカに、製造元のドイツから発送されないとのこと。

ちょうどヨーロッパでの大規模デモの最中だったので、大事を取っているのかなぁとか勝手に妄想しつつ気長に待ちます。

個人的に忙しい毎日を過ごしていたらあっという間にハッピーニューイヤーになり。

あけおめメールを販売元へ発射。

ご丁寧なメールでもうちょっとかかるよごめんと・・・。

正月ボケも抜け、街が活気づいてきた1月の第2週。ついに発送メールが!

DHLで送ったよ~~

やったぜ!!

待つこと2週間、一生ぼくのMODはカリフォルニアにいるんだろうなと思っていや矢先、DHLからアップデートが。

次の成田へつき、即日DHL国内輸送で我が家に。

長かった・・・。

どーんと到着。

割と厳重な梱包ですね。

すごい木箱、超木箱。

これスタビライズドウッド用の箱みたいですね、ほかの人は缶のでした。

なんでこう、僕の写真はすごい曲がっているのか・・・。

美しい。

マニュアルへのリンクが乗ったQLコードカードと

なぜかNiFe30のワイヤーが入っています。

内容物は以上。

パフボタン+2ボタンの3ボタンというシンプルな構成。

MOD上部には今回購入したMODのロット番号がしっかりと刻印されています。

そしてディスプレイと謎の切り込み。

裏面には各種記載と充電用ポート・・・かな?

Germanyの文字がいい。

ばこっと取れるので何かに使ってもいいですね。

次回はMODの内部の話をしたいと思います。

マニュアル全文英語だよ~~。

ついに奴が海を越えてやってきました。

ついに奴がきました。

11月の終わりに注文して待つこと2か月。

ついに到着しました。

ドイツのハイエンドMODとして名高いdicodesのDani Box

しかも木箱。

スタビライズドウッドモデルだからね・・・。

高かった・・・。

送料込みで$600だよ、ギターとか買える値段。

間違いなくこれまで買ったVape用品の中で単価最高額です。

今までレジンMODはいくつか買ってたけどスタビライズドウッドMODは初。

美しいのなんのって、語彙力が足りません。

なんという立ち姿。

たまらずタンクのっけてお散歩に行くレベル。

もっと大きいもんだと思ったらMODの高さはピコンカーとほぼ変わらない感じ。

コンパクトでいて、それで高性能、そしてこのビジュアル。

到着まで実に2か月を要したため、途中結構後悔したりもしましたが、

届いてみるとなんてことはない、安い買い物でした。

テンション上がってとりあえず記事化しちゃったので、詳しくは後日別記します、紆余曲折あったのです。

しばらく使って使用感もみたいしね。

LOST VAPE MIRAGE -DNA75C- 開封

やっと届きました。

LOST VAPEのMIRAGE

基盤はDNA75Cですね。

everzonさんで購入しました。Preorderで1ヶ月くらい待ちましたかね?

価格は会員価格で¥8,989

まだ在庫あるみたいですね、っていうかまだ予約注文なんだけど、受注生産なのか?

販売URLはこちら https://www.everzon.com/jp/lost-vape-mirage-dna75c-tc-box-mod.html

レジンボディでDNA75Cなら妥当では?

上に付いてるのは一緒に買ったkayfun primeのパチモンです。(オーセン売ってないんだもん)

まず、外箱がかっこいい

外箱をスライドすると

まだ箱、こちらはなんか時計とかが入ってるみたいな質感ですね、高級感あっていい。

CITIZENって感じで、スライドすると

中身がお目見え

内容物は本体、マニュアル、なんか紙、小箱

小箱の中身は

USBケーブルと18650用のアタッチメント

表面?にはMIRAGEの刻印

いいよね、レジンボディ・・・。でも商品情報のときの画像より若干見劣りする・・・ここらへんはやっぱり通販の痛いところ

もう1色赤もあって、二日くらい悩んだ末に青にしたんだけど、やっぱり赤がよかったかも・・・

でもこれはこれでわかりやすくかっこいい!

質感はレジン部分はとてもマットです

背面はこんな感じでシンプル

全面は割とチープ・・・

カラー液晶のMODって初めてだけどかっこいいな

 

5クリックで起動!

ご新規さんアトマイザーか聞かれます。

 

TC派のぼくは華氏表示がわからないので探って探って

セッティングのところに摂氏・華氏の切り替えがありました。

言い忘れましたが、このMODには18650用のアタッチメントが付いています。

こいつを付けずにぶち込むと・・・ガバガバ。

こいつを嵌めて

いい感じになりました。これで通電できます。

背面にも抜かりがないですね!かっこいい!

基盤に関してはDNA75Cなので他に詳しく書いてあるブログたくさんあるし割愛します。

別にめんどくさいとかそういう理由じゃないですけど、めんどくさいんです。

 

1週間ほど使用してみましたが、TC modeの調整がシビアで使いこなせてない感じがすごい

結局SS316LなのにWatt modeで吸ってます・・・。

あとなんかこいつ、電池の減りが早い気がするのは気のせいだろうか・・・。

Preheat設定がどうにも苦手なんだよね、ならDNAやめろって話か。

レジンボディでかっこいい!!でもパフボタン等のクリック感もいい!でもやっぱりどこかチープ

まぁ値段を考えたら高級品と比べるのがそもそも間違ってるんだけど

まぁミドルクラスの入門機?的な立ち位置で買うには十分ありなんじゃないでしょうか。

でも全面のUSBポートは要らなかったかな・・・ダサいよ・・・。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus