Liquid

Summer 17 with ICEをスティープしてみた結果

前回割とぼろくそに書いた子のリキッドですが、

Summer 17 with ICEリキッドレビュー
涼感満載の瑞々しいフルーツフレーバージュースで喉越しは爽やか。リフレッシュしたいときには最適らしいリキッドを吸っていきます。

2~3日RTAに入れて急速スティープしてみました。

このリキッドはぜったいにスティープしてください。

甘味がはっきり出ておいしくなります。

RTA向きですね、RDAで吸いたい人はぜひスティープしてください。

Summer 17 with ICEリキッドレビュー

連日20度近い気候に恵まれ、

そろそろ暖かい日がやってくるということで、メンソールの利いたフルーツ系が欲しくなって参りました。

(現在の気温6度)

こんなはずでは・・・まさかの寒の戻りですが気にせず吸ってみます。

スペック

Summer 17 with ICE

カナダのジュースメーカー『Drip Social』から、Summer 17に強めのメンソールを加えた『Summer 17 with ICE』
リアルなライチのフレーバーをベースに、キウィフルーツドラゴンフルーツアップルを絶妙なバランスでミックスしたエキゾチックなフルーツフレーバーに爽快なメンソールが加えられています。
清涼感満載の瑞々しいフルーツフレーバージュースで喉越しは爽やか。リフレッシュしたいときには最適なジュースです。 (promist さんより引用)

MAX VGです。

こちらいつもかわいい手書きメッセージがうれしいpromistさんで購入しました。

画像クリックで商品ページにいけます。

60mlで3400円でした。

うーんおいしそうってことで

吸ってみます。

使用するのは最近のおうちセット、こちら

phavenda A2にドギーのドリップチップ、MODはdaniというキメラ。

まずは高抵抗低Wで1Ωの15W

なんかBI-SOっぽいテクスチャしてる・・・。

なんだろう、ほのかにいろんなフルーツがいて、それをメンソが包んでいる普通のリキッドって感じ。

後味のフルーツ感とメンソのバランスはいい感じだけども。

超しぼればまぁ味が来るけども。

やっぱりBI-SOの青りんご?グリーンアップルメンソールっぽい感じ。

別に3000円以上出さなくてもなぁ・・・という印象を受けちゃう。

気を取り直して爆煙で。

0.4Ωで35Wまで行ってみます。

ここまで焚くとまぁ、味は出るよねそりゃね。

ダイレクトラングするとすこしライチが出てくるかなぁ・・・。

なんにしてもやっぱりBI-SOなんだよなぁ・・・。

リアルなライチのフレーバーをベースに、キウィフルーツドラゴンフルーツアップルを絶妙なバランスでミックスしたエキゾチック

と銘打ってる割にそこまで複雑でもないし、別にエキゾチックでもないし。。。

メンソが邪魔してるなぁ・・・っていう印象も受ける。

これメンソない普通の方買えばよかったかなぁ・・・。

総評

まずくはない、でもリピートはしないし全然減らないと思う。

複雑でエキゾチックなフレーバーといいつつ超中途半端なフルーツ系にメンソっていうテクスチャを貼ったことで

さらに中途半端などっち付かずなフレーバーになったって印象。

カナダリキッドは初でしたが、やっぱり北米の人たちって思考がややこしくてバカな僕にはよくわかんない。

とりあえず今月はこれメインで吸っていきます、スティープもしたいしね。

では。

Elysian Elixirs – MJOLNIR

今回はリキッドのレビューです。

無類のchina vape TV好きのぼくは暇なときちぇんさんの昔の動画をラジオに作業してるんですが、

今年はチャイ系のリキッドで攻めようと思ってたところこんな動画を発見。

まぁもう1年半前だし在庫ないよなぁなんて思ってググってみたら

Amazonにありました。ラスト一本

今月のVape予算すでに超過してるのにも関わらず、深夜テンションで速攻でぽちり。

60mlで2280円くらいでした。

8時間ほどでもう届きました、さすがAmazon。

ご丁寧に大人気との表記。

後ろの文字よめないからやめてーや

アメリカはカリフォルニアのリキッドのようです。

ぼくFriscoVaperとかカリフォルニアリキッドすっきーなので期待。

元厨二病患者、もしくは現在厨二病患者じゃないと読めませんね。

ミョルニルと読みます。

北欧神話の神様、トールが持ってるハンマーのことです。


こっちでした。

僕はアメコミ系詳しくないのでよくわかんないですけど。

最近だと有名なこの人、アヴェンジャーに出てくるマイティ・ソー、彼はトールがモデルみたいです。

で、マイティ・ソーが持ってるこのちっこいハンマー

これ、これがミョルニルです。たぶん。

このハンマーめちゃくちゃ強くてですね、

なんかバチコーンやるとみんな死ぬんですよ、だいたい。

そんで死んだやつにばちこーん!やると生き返ったりするよくわかんないものです。まぁ神話ですし。

話を戻しますが、

そんな名前のついたリキッドなんて超ハードメンソールな何か。

ストロベリーツンドラみたいなのイメージするじゃないですか。

なんて言っても上のくだりだったりちぇんさんの動画みたらわかると思うんですが

おいしいチャイみたいな味です。

つーかチャイフレーバーなんで当たり前ですが、

前回レビューしたマレーシアのチャイフレーバーリキッド。

Smoothie Juice – Thai Tea Smoothies リキッドレビュー – Smoky Edge.inc
マレーシア産のチャイフレーバーのリキッドレビューです。 みんな大好き、あの紅茶飲料の味がします。

これはチャイというか紅茶花伝ロイヤルミルクティだったのですが

今回はどうなんでしょうね。

ちぇんさんはスタバのチャイティラテって言ってましたが。

低Wで吸ってみます。(0.64Ω15W)

超シナモン。以上。

これは焚いた方がうまそうってことで

高W(0.64Ω32W)

これくらい焚いた方が甘味が出てきてスタバっぽいかも

なんだろう、味が安定しない。

ちょっとコットンが乾き気味の方がちゃんとチャイするかも。

焚きすぎるとシナモン飛ぶしなかなか難しいリキッドですね。

でも確かにイメージはスタバのチャイティラテ。

チャイティラテに自分でシナモンぶっかける派なんですが、

そんときのフレーバーに似てますね。

この前のマレーシアリキッドとこれの間くらいのリキッドがほしいなぁ・・・。

もうデッドストックなんですが、ほかのはあるので一応URL貼っておきますね。

ひたすら大人気って推してきます。

Smoothie Juice – Thai Tea Smoothies リキッドレビュー

Vaper’sNestさんのツイートで

こんなつぶやきを発見。

チャイ好きとしては買うしかないとポチってみました。

商品ページはこちら。(まだ売ってるじゃねーか)

https://vapers-nest.shop-pro.jp/?pid=138632022

60mlで1800円くらい。

安いですね。

翌日くらいに届きました、相変わらず早すぎる発送。

Made in MALAYSIAの文字が。

なにげにマレーシア産のリキッドって初めてかも。

per’sNestさんのページにはこうあります。

東南アジアで大人気のチャイフレーバーのリキッドです!

クリーミーかつスパイシーな紅茶味を手軽に楽しめます。
スッキリさせるための、気がつくかどうか程度の少量の清涼剤が入っています。

チャイに清涼剤ってなに・・・?嫌な予感がしますが、

早速吸ってみます。

今回はPhevandaにSS316Lで、内部エアホールは最小の2穴を使いました。

詳細はこちらを。

PHEVANDA MODS – PHEVANDA A2 MTL RDA Review1(開封編) – Smoky Edge.inc
PHEVANDA A2 MTL RDAレビュー記事その1です。

内径3mmの8巻きくらいでMOD読み7Ωです。

最近ずっと温度管理で吸ってるもんだからSS316Lなんだけど、

やっぱり高抵抗でやるとなるとコイルがでかくなって思うような抵抗値が目指せませぬ。悩みどころ。

吸ってみます。

これチャイか?

チャイ?チャイ・・・?

チャ・・・イ・・・?

まぁチャイか・・・。

でもなんかこう、もっと言いえて妙な何かがあった気がする・・・。

これだわ・・・。

紅茶花伝のロイヤルミルクティー

これに近い。

KAMIKAZEのミルクティをもっと茶葉の苦みというかえぐみを足して甘ったるくした感じ。

甘ったるいんですがほのかな清涼剤ですっきりコールドドリンク感が足されていてなかなかおいしいです。

でも別にチャイって感じじゃないかなぁ・・・。

チャイより紅茶花伝って感じかも

多分ミルク感がチャイよりクリームに近いからかな。

パッケージにある通りスタバのチャイフラペチーノみたいな(あるのかそんなの

そんな印象のリキッド。

紅茶系と言っていいでしょう、焚くと甘さが、低Wだと茶葉の癖が強くきます。

べたーっとしそうなテクスチャーもいい感じの清涼剤でヌケがよくておいしいですね。

なんだこれって思いましたがついつい吸ってしまう味わいに仕上がっていて

人気の理由もわかります。

久しぶりに紅茶系で当たりかもっていうのを引きました。

リピートするかもです。

VSC E-Juice 梨 リキッドレビュー

今日はVape shop Cyperさんとこの自作リキッドのレビューです。

一昨年の冬に埼玉県に引っ越しまして、気にはなっていたんですが

どうにも筆者、チキンなのでVape shopのあの雰囲気が苦手なんです。

明るい店内、気さくそうで強面な店員、楽しそうな常連客。

どれを取っても苦手な僕には歯の治療と同じくらい苦手な空間なんです。

とはいえ、せっかく近所にあるのでお邪魔してみました。

ちゃりで10分かからないくらいのところにあります。

電車で来る人は志木駅徒歩10分くらいかなぁ。

ショップホームページはこちら

http://vapeshop-cypher.shop/

リキッドのページは別にあるみたいですね。

https://vscliquid.base.shop/

なんかこう、そういうの苦手なので店舗写真等は撮ってません。

試飲させていただいて逃げるように帰ってきました。

手に入れたのがこちら。

わっかりやすい名前だ、アルカポネとかRainyなんとかみたいに難解じゃない。

ニコチン0mg。

PG/VGは50/50くらいかなぁ

結構ゆるいです。

Cypherの方もクリアロはちょっときついかもって言ってました。

店舗の方でも試飲させていただきましたが、クラプトンのでけえコイルで爆煙で吸ったのでいまいちわかんなかったですが、試着したら買えと親に教わったぼくとしてはとりあえず購入、安いしね。

容量は梨は30mlしかないっぽくて、それで1800円。

なんてリーズナブル。

・吸ってみます。

低抵抗・高W

店舗ではクラプトンで40Wとかでぶっぱなしてました。

梨!!!って感じはなく、なんとなく甘いミストがどばーっと。

変なオリジナルリキッド特有のケミカル臭もなく、丁寧に作ってあるんだなぁと。

低抵抗・高Wだとちょっとカペラ感が否めなかったです。

香料数抑えてシンプルに作ってるのかなって印象を受けました。

Cypherの方いわく、作ってる人はこれにニコチン添加して吸ってるみたいです。

ニコリキのあのキックが混ざると確かにちょうどいいのかも。

高抵抗・低W

続いて普段のぼくのセッティングでいってみます。

超オーソドックスに0.86Ω/16W

ここまで落とすとリキッドのディテールが見えてきます。

これっすね、これです。

香料のイメージはハイチュウのそれ。

これ絶対高Wより低WでMTLしたほうがおいしいよ。

海外メーカーというより、KAMIKAZEとかBISOに近いかなぁ。

スナック感覚で口寂しいときにうれしいハイチュウ梨味。

リピートあるかも。

でもほかにもいろいろあるみたいなんで、次はほかのリキッドにも挑戦しよう。

びくびくしながらまた、お邪魔します。

注)Cypherの方、とても丁寧に接客していただき、ありがとうございました。

・難点

しいていうならば、前述のとおり、緩いです。

とにかく緩い。

僕みたいに超絞ってちゅーちゅーするとリキッド直飲みになります。

ニコチン添加してない僕は別にいいんですけど

ニコチン添加予定の方は最悪死にますのでご注意を。

リキッドの販売サイト見て気づいたんですが、当然ながらショップで買った方が安いみたいです。梨はサイトだと売り切れだし。

では。

RIPE VAPES – STRAWBERRY CREME BRULEE

もうずいぶん前に買ったリキッドですが、紹介します。

こちらVAPE CHKさんで購入しました。

記事化に伴ってVAPE CHKさんとこのリンク貼ろうと思ったらなんと昨年末に閉店していたんですね・・・。

おまけのVAPEリングが思い出の品になってしまった・・・。

非常に丁寧な対応、即応発送、他にないラインナップ等魅力的な店舗でした。

リニューアルしてくれることを信じて待っていようと思います。

VAPE CHKさんの閉店記事です。

5年間本当にありがとうございました。
敗軍の将 兵を語る 11月に閉店の告知をした時以来、たくさんのメッセージを頂戴しておりましたがその一つ一つにお…

ぼくはいつまでも待ってます。

さて、今回紹介するRIPE VAPESですが、

印象的な木の絵のパッケージでおなじみですね。

よく見ると木に1個だけりんごがなってるみたいなやつです。

たぶん禁断の果実みたいなこと言いたいんでしょうね。

本家HPはこちら https://www.ripevapes.com/

プレミアムリキッドメーカーとして名高いRIPE VAPESですが、有名なものとしてはVCTがあげられますね。

いわゆるVヴァニラCスタードTタバコのフレーバーです。

ぼくはタバコフレーバーが苦手なので買ってませんが、おいしいみたいです。

プライベートリザーブなる超プレミアムリキッドもあるみたいで、

リキッドをフランスのオーク樽に3ヶ月いれるみたいです、意味あるんですかね。

今回脱線しすぎですね、本題に入ります。

結構吸ってるので中身が減ってますがご愛嬌ってことで、

パッケージ背景がカラーかつ赤いのでアップでも画像だとりんごがわかりません、実際に手にとって見てください。(現行バッチだとパッケージ違うみたいですね。)

ロットとバッチが書いてあるのってオタク心をくすぐるよね。

購入時は30mlで3500円でした、たけえ・・・。

リキッドのスペックはこちら

価格:2,500円 (2019.01現在のamazon価格)

VG/PG:75/25

原産国:アメリカ合衆国

フレーバーはそのまんま、ストロベリークリームブリュレです。

リキッドを直で嗅ぐとクッキー感が強いです。

イメージとしてはイチゴの乗ったミルフィーユみたいな。

ブリュレ感は薄いかも。

吸ってみます。

今回使用したアトマイザーは中古で手に入れたnipple v2

これもそのうちレビューします。

コイルはカンタルA1の0.8Ω

15Wで

まず特筆すべきはその雑味のなさ、フレーバー自体は複雑な香りが入り混じるカオス、しかしその後に嫌なケミカル感が皆無、そのままいい感じのサスティンが続いて心地よいです。

前回書いたどっかの中国産レッドブルリキッドとはまったく別のアプローチ。

さすがは最高の原材料を使ってますと長々書いてあるメーカーは違う。

味はやっぱりクッキーが強い、クッキーというか生地?

ミルフィーユの生地ってのがやっぱり僕には感じられます。

生地感の後にクリーム、そしてストロベリーといった構成。

久しぶりに吸ったけどうめえなぁ・・・。

ストロベリー感はそんなにない・・・というか

いわゆる巷に出てるストロベリーってガムみたいな人口甘味料なストロベリーが多いんですが、このストロベリーはどっちかというと洋菓子の中でのストロベリーの立ち居地にいるんです、おらあ!!いちごやろ!!!うまいか!!!ってアプローチではなく、あくまで あ、どうもお菓子の一部ですみたいな立ち位置。

このチューニングはさすがとしかいえないですね。

つぎ高W、30Wまで焚きます。

こっちは一気に甘いクリーム味が広がります。

その後クッキーが追いかけてきます、やっぱりストロベリーは控えめ。

VCTで有名だけあって、クリームの表現、生地感の香ばしさは他社の追従を許さないと思います。

難点をあげるとするならば、甘い。

とにかく甘い、空間も甘くなる。

甘ったるいのが苦手な人にはちょっとお勧めできないかも。

あと夏場とかは結構くどくてつらい。

今みたいな冬場の寒い日に焚き気味で愉しむにはいいリキッドだと思います。

事実僕も昨年冬に購入して春先まで吸って眠らせ、この冬にまた吸いたくなって出してきました。

安いリキッドではありませんが、プレミアムな

本家の言葉を借りとするなら

We pride ourselves on being more like a wine tasting experience than a pop culture fad.

うぇーいより一杯のワインのような、そんなひと時のおともにどうぞ。

Kamiki Liquid – EL Red Energy FirstImpression

今回はこちらをレビューします。

Kamiki Liquid – EL Red Energy

まったく聞いたことのない、また情報もほとんどないメーカーのリキッドです。

こちら毎度おなじみオフィスエッジさんとこのサイバーマンデーだかブラックフライデーのゲリラセールかなんかで買いました。

15本セットで1980円。

ええ、まぁ期待はしてません。

吸っていきます。

15本のうち、今回はRed Energy。

つまりあれです。なんとかブル。

翼を授けるやつですね。

パッケージはこんな感じ

金ぴか文字の外箱にはしっかりとした日本語表記。

注意書きもしっかりとした日本語だ。

食味が変化することがありますみたいなこと言ってるけどそもそも食べないしな・・・

外箱をあけるとこんな感じに。

15mlの小さいプラスチックボトルですね。

ふたをあけて匂いをかぐと、

うん、たしかにレッドブル・・・ル?みたいな変な残り香が・・・

いやな予感がしますが気にせず吸ってみます。

0.8Ω13Wで

レッドブルだ、たしかにレッドブルの味がする。

カミカゼとかのレッドブルよりリアルだ、これはすごい。

レッドブル風味のフレーバーじゃなく、本当にレッドブルを飲んだときの香りがする。

でも後味がオイリーでケミカルだ・・・。

チェインして吸っているとどんどんこの後味が気になってきてなんだか気分が悪い・・・。

使用してるPGの質が悪いのかな・・・もったいないなこれは。

もっとワッテージを上げて焚いてみます。

電池負荷ぎりぎりの30Wで。

どかんと飛んでくるアタックは超レッドブル。

でもそのあと追いかけてくるサスティンが心地悪い・・・。

ホタテ?みたいな、炭酸の抜けたマッチを1週間放置したみたいな味がする・・・。

おいしいのにもったいないなぁ・・・

どっかで中国製って書いてあった気がする、最近の中国製品いい感じだから

このメーカーにもがんばってほしいな。

とりあえずケミカルなリキッドの対応策として数ヶ月スティープして再レビューしますね。

それにしてもこの投稿機能改変ほんとうにくそ。

書きにくすぎるよ・・・。

小杉銘茶 – PEACH TEA リキッドレビュー

今回はこちら

小杉銘茶のPEACH TEA

なんかホームページ(http://flavortech.jp/products/kosugimeicha.html)のプロダクトが見れないので、購入したアマゾンのリンクを貼っておきます。

15mlで1080円。いわゆるKAMIKAZEとかあそこらへんと同じ価格設定。

手の出しやすい、好みじゃなくても大量に余らせなくていいお手ごろな感じですね。

PG/VG30/70だから割とシャバシャバ。

 

結構いろんな人がレビューしてるからもういいかなって感じだけど買ってすぐやんないとすぐ眠らせるからね・・・。

今回は割りと丁寧に、高抵抗と低抵抗で吸い分けてみます。

まずは

低抵抗。

0.6Ωで40W。コイルはNi80で内径3mの5巻き前後、アトマイザーはMAZE V3

ばっこーんドライヒットで死にました。やっぱりNi80は立ち上がり早すぎて低抵抗だときつい・・・

27Wで再挑戦。

お茶感は少しある。ピーチ感はその少し奥に感じる。

台湾系のお茶シリーズと比べるとやっぱりFLAVOR TECH感が強い印象。

非常にわかりやすく、万人に受けるテクスチャーしてます。

同じ系統の味だとやっぱり名作THE Rockを思い浮かべますが、あちらとはいろんな意味で一線を画しますね。

Smoky Edge.inc
Smoky Edge.inc
http://smokyedge.com/frisco-vapor-the-rock%e3%80%80iced-tea-%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC/
for all vaper,engeneer and gamer

あっちはしっかりアールグレイをボトムに据えたフレーバー

こちらはどっちかというとこいつ

リプトンの紙パックシリーズをイメージすると近いかもしれません。

 

続いて

高抵抗。

1.2Ωで16W。コイルはNi80で内径1.5mの5巻き前後。アトマイザーはGalaxy MTL RDA

Smoky Edge.inc
Smoky Edge.inc
http://smokyedge.com/vapefly-galaxies-mtl-rda/
for all vaper,engeneer and gamer

正直、物足りない・・・。 

普段低抵抗低Wで慣れてるのですが、この設定だとリキッドのポテンシャルがうまく出ない印象。

ある程度焚いてあげたほうがおいしいかもしれませんね。

ピーチティとしてのバランスはこっちのほうが取れてるかも。

でもいかんせんミストが少ないから少し舌あたりが物足りない。

 

0.8Ωあたりで25Wとか中途半端な感じで吸うのがいいのかも

 

総評

また引き合いに出しますが、この設定でThe ROCKを吸うとしっかりアールグレイの渋みが感じられるんですよ。

こっちは良くも悪くも癖のあまり強くない紅茶感。

アールグレイは渋みが強くてどうも好きになれないっていう人けっこういると思うんですが、そういう人にはもってこいかも。

アタック感は少し弱いですが、全体的には非常にうまく出来てます。

上でも書きましたが、リプトンの紙パックシリーズ。ほんとにこれです。

しっかりと紅茶なんだけど、ごくごく飲める清涼飲料水に仕上げている感じ。

The ROCK紅茶を愉しむリキッドだとしたら

小杉銘茶 PEACH TEA紅茶を楽しむリキッドっていうイメージでいいと思います。

FRISCO VAPOR – THE ROCK ICED TEA リキッドレビュー

今回はみんな大好きThe ROCKの派生系のやつ

FRISCO VAPOR – THE ROCK ICED TEA

派生元はこちら↓

Smoky Edge.inc
Smoky Edge.inc
http://smokyedge.com/frisco-vapor-the-rock/
for all vaper,engeneer and gamer

今回はいつもThe Rockを購入しているコモンウェルスさんから購入しました。

 

これは余談ですが

商品違いで一瞬ヒヤッとしましたけど、メール打ったら即効で返ってきて次の日には届いていたし、

返送も佐川のやけにフレンドリーなおっさんが

「なんか返送するやつあるでしょ、それ持ってきて、やっちゃうから」みたいな感じでその場でやってくれちゃってむしろ戸惑いました。

今後ともお付き合いしていきたいショップさんということでしたね。

 

本家HPには

Authentic Iced Peach Black Tea と表記がありますね。

蓋開けて臭いを嗅いでみても、まぁおなじみのThe Rockの味がする

ちょっとだけ清涼剤がいるのかな・・・。

間違ってもメンソではない。

裏表記もほとんど一緒

粘度も一緒って感じ。

吸ってみます。

 

今回は最近手に入れたこのセットで。

こいつらの記事も書かなきゃ・・・。

Ni80内径2.5mmの6巻き

だいたい1Ωで18650で直焚きしてるのでだいたい14W換算ってところでしょうか。

 

要は1オームで14Wで吸ってみます。

第一印象は、

ぶっちゃけなにが違うのかわからない!!!

ちょっと夏っぽい!!!気が!!!する!!!!かも!!!!!みたいなニュアンスの吸い口

チェーンしてみると、若干甘みがすっきりしてる気もする。

本家のThe RockMTL向けだったけど

ICED TEAはもしかしたらDLのほうが向いてるかも

ほんのり喉に清涼剤のキック感がきて、ああこれがアイスティーってことかぁ・・・って感じ

 

ちゃんと苦い紅茶系リキッド探してるけど、The Rockはちょっとだけ甘いんだよなぁ・・・・

って人にはいいかも。

ぶっちゃけぼくはどっちでもいいです。

 

これ、あんまりW高くすると清涼剤のくせとアールグレイのくせが相まってまずいんで注意が必要ですね。

好きな人は好きかもしれないけどぼくはその人がきらいです。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus