soundgear

Wavesのプラグインとりあえずこれ買っとけリスト コンプ編

今回は前回の続き、コンプ編です。前回はこちら。

Wavesのプラグインとりあえずこれ買っとけリスト EQ編 | Smoky Edge.inc
wavesのプラグイン、結局どれを買えばいいのよ!EQ編

ダイナミクス編と言っても大丈夫ですが、今回は特にコンプレッサーに焦点を当てようと思います。

■CLA Classic Compressors

スタジオど定番のアナログコンプ3種が入っているバンドルです。

CLAというのはChris Lord-Algeの頭文字。

エアロ・スミス、ミューズ、グリーン・デイ、U2、ニッケルバック、クリード、ナイン・インチ・ネイルズ、フー・ファイターズ、グー・グー・ドールズ、アラニス・モリセットなど錚々たる面々のエンジニアをやってきた超有名人です。

このバンドルにはそのCLAが監修した1176、LA-2A、LA-3Aの3つが内包されています。

左上から時計回りに、LA-2A,LA-3A,1176Blue,1176

1176に関してはブラックとブルー、切り替えが可能です。

ブルーストライプの1176は憧れの存在という人もいると思います。

いわゆるRev.Aってやつですね。

同じようなのが今のプロツールスにはもともと付属しているし、いらないよって思う人も多いと思います。

しかしながらこのプラグイン、とてもよくできています。

実機に忠実!とは言えませんが、十分欲しい動作をしてくれます。

なにより実機で買うととんでもない価格しますし、コンディションのいいものは出回って居ません。

定番の4つ押し対応ですが、そんなにいいことはありません。

飛び道具としてはあまり使えませんが、やはりRev.A(ブルーストライプ)をボーカルに書けた時のスムーズでパンチのあるかかり方は他のプラグインでは再現できないように思います。

LA-2A・LA-3Aもがっつり前に出てくる印象を与えられ、ここぞという時に使うと抜群にいい効果をもたらせてくれます。

LA-2Aは一応チューブコンプのため、音を濁す時も使ったりします。

■F6 Floating-Band Dynamic EQ

EQやん!EQ編でも出たやんっていうちゃんと読んでくれてる人が大好きです。

こいつはほんとうになんでもこなせる優等生で、

ダイナミックEQ、まぁようはコンプみたいなもんですよね笑

ってことで書きました。

6ポイントのダイナミックEQは本当に重宝するのでおすすめ。

ライブソースで被りを気にせずにコンプをがっつりかけられるのもいいですね。

■Abbey Road TG Mastering Chain

最近一番使ってるトータルコンププラグインです。

EMI TG12410をモデリングしたプラグインで、マスターに挿すチャンネルストリップといった感じです。

それぞれの処理を詳細表示することも可能です。

今流行りのM/S処理もかけられるのでアナログライクに音圧が足せます。

またEQの最小単位は0.05dBで細かい挙動が欲しい人のニーズにも応えられるスペックを持って居ます。

■まとめ

今回も完全に個人的な意見でまとめましたが、

やはりF6はいい・・・。そしてCLAのコンプもぜひ使って見て欲しいです。

EMIのやつはマスター系に挿すコンプがなければ買ってもいいと思います。

次回はなんだろう、飛び道具系でもやろうかなぁ・・・。

Wavesのプラグインとりあえずこれ買っとけリスト EQ編

オーディオプラグイン界の価格破壊王、Waves。

毎週のようになんとかフライデーとかなんとかマンデーをやっていて、もはやずっと安いのがデフォルトな印象さえあるメーカーですが。

ぶっちゃけどれを買えばいいのよっていう記事を書こうと思います。

今回は EQ編。

■「F6 Floating-Band Dynamic EQ」

こいつはなんでもこなす優等生です。

端的に機能を説明すると、RTA付きのダイナミックイコライザー。

実際に音の周波数分布を見ながらEQがかけられるだけでなく、

いわゆるダイナミックイコライザー。

つまりある周波数に対して、一定の大きさの音が入って来た時だけにEQがかけられる、そんなEQです。

こいつがあればほぼ全ての前処理は完了します。安売りしてたら間違いなく買いです。

■API 550

金属のザラザラ感を表現させたらピカイチ。

さきほどの近代エフェクターとは打って変わってこちらは実機のモデリング。

名機と言われるEQ、API550のモデリングEQです。

モデリングとかサンプリングとかエミュレーター言われるのは、実際にあるハードウェアエフェクターの処理を分析し、再現したエフェクターのことです。

注意しなければいけないことは、実機のモデリングです。

その機材が持つ、ステレオイメージではなく、あくまでメーカーが分析した

ある個体にそっくりな挙動をする、というプラグインです。

そのため各社同じモデルでも結構音色が変わります。

WavesのAPI550は3ポイントのAPI550Aと4ポイントのAPI550Bという2台構成で、

筆者はスネアが金管、トップなどの金物にざらつきが欲しい時によく使います。

■PuigTec EQs

唯一無二のQカーブと癖のあるかかり具合が何にでも合う。

超名機、PultecのEQをモデリングしたこちら、

上段のEQP1Aは各帯域にBOOSTとATTENを装備し、

指定した周波数あたりを適当にあげて、下げます。

ちゃんとしたパラメータはありますが、この雑な感じにぐいいいいっといくのが気持ちいいんです。

やわらかく、でも芯のある音に仕上がるため、リードギターはこいつでだいたい決まります。

下段のMEQ5はEQP1Aに比べ、より細かくできるように見えて、そうでもありません。

この2つのプラグインを2段構えで調整することが本当に多いですし、結局これに行き着きます。

■まとめ

もっと他にいいのあるだろって方は絶対にいると思います。

でもこの EQたちを持っていれば、とりあえず困ることはないように思える。

ということで書きました。

次回はコンプ編でも書こうかな。

■10%引きクーポン

https://www.waves.com/r/m72p9x

ちなみにこのリンクから飛ぶと10%引きになります。

そうすると僕も10%引きになりますが、もうほとんど持ってるや笑

Wavesのプラグインをお得に買う方法

毎月のようにやってくるWavesの安売りメール。

深夜作業中に行き詰まっているとついポチってしまう・・・。

今月もあれやあれやと稼いだ額と同じくらい浪費してる・・・。

循環社会といえば聞こえはいいけどぜんぜんプラスにならない・・・。

 

今月購入したのは

・F6 Floating-Band Dynamic EQ

・Trans-X

・API Collection

 

仮にフルプライスで計算しましょう。

・F6 Floating-Band Dynamic EQ   $99

・Trans-X   $99

・API Collection   $599

 

計$797

日本円で90,000円

 

これがセールで

$99

 

そう、$99で購入したんです。

 

だいたい88%オフですね・・・。

意味がわからない。

強調するところが多すぎてデカイ赤字だらけになってる・・・。

 

なんでこんなに安くなったか。

毎月のように送られてくるWavesからのダイレクトメール、そちらを利用、または組み合わせることによって

とんでもない価格でWavesプラグインを購入できるのです。

前提として、今回紹介するプラグインは2回に分けて購入しています。

 

まず最初にF6Trans-Xを購入しました。

その時やっていたセールがこちら

That’s right: Buy any $29 plugin, get the second $29 plugin for just $1!

つまり$29になっているプラグイン一個買うと、もう一個の$29になってるプラグインが$1だよ!!

ってことです。

相変わらずの破格平常運転。

しかもこの文言、重要な部分は。

『$29になっている』この部分です。

$29のプラグインじゃないんです、

$99から$29になっているプラグインも対象。

どんだけ太っ腹なんだ・・・。

これにより、$29のプラグインをトータル$30で2個ゲットできました。

それによりF6とTrans-Xを購入しました。

超お買い得でしたね。

 

続いてAPI Collection

こちらはフルプライスでは$599もする割高なタイトルです。

(リリース当初は$1000くらいしてた記憶があるな・・・)

今回はこちらを$69で購入しました。

まず、どういうわけかわかりませんが、

API Collectionが$99で売っていました。

まぁこれ自体は特に驚きませんでした、いつものことです。

前々から気になっていて、ここんところ実機に触ることも増え、欲しい順に購入しているプラグイン群のなかで

ようやくこいつにも白羽の矢が立つころかな、と思っていました。

しかし、ここらへんがすでに麻痺してて、どうせブラックフライデーとかで$49になるんだろうとか想像して

買い控えていました。

ところが、昨日、こんなメールが届きました。

30% OFF WHEN YOU SPEND $70 That’s an extra 30% on top of our Anniversary Sale plugin specials!

$70以上のプラグインならもう30%オフしちゃうよ!!

ふーーん、30%オフはおいしいなぁ、でもフルプライスで30%オフされてもなぁ・・・。

ふと、『extra』という文言に目が行きました。

もしかしてセールに上乗せで30%オフ?

試しにAPI Collectionをカートに入れてからクーポンコードを挿入。

無事、30%OFFに!!!

これによりフルプライス$599のAPI Collectionを$69で購入することができました。

目論んでいた$29には及びませんが、

こちらのセール2018年10月1日までなんで急いでくださいね!

(記事化が遅すぎて間に合わないと思います、すいません。)

 

総評

安くなったとはいえ、なかなか手が出しにくいWavesプラグインも定期的にやっている暴力的なセールを併用することにより、

よりお得に賢く購入できることがわかったかと思います。

ぜひ、Wavesのメーリングリストへ登録をし、欲しかったプラグインをお得にゲットしちゃいましょう。

そして減っていく残高・・・。

 

ここからは戯言です。

Wavesとはかれこれ10年近い付き合いになります、かなり大量のプラグインを購入させていただいています。

ひとつだけ言えることは、プラグインはあくまで引き出しの一つということです。

決して机にはなりません。

音というのはどこまでいってもベースになる元音以上のものは出ません

元音をドレスアップする、いわばドレッシングです。

かけすぎはいけませんし、どんなサラダにどのドレッシングが合うかは慎重に選択すべきです。

どんなサラダにも青じそドレッシングが合うわけではないのです。

これはプラグインにかかわらず、実機にも言えることですね。

まぁ最近はその、ベースさえ覆すステロイド、化学調味料的なプラグインも増えてきていますが・・・。

「このプラグイン好きなんだよね〜」ではなく

「こういう音にしたいからこのプラグインをこうやって使う。」その明確な意志を持って使用していきたいものです。

プラグインを使うことが目的ではなく、手段として使う、それを肝に命じてミックスに励みたいと思います。

 

お金の話や戯言ばっかりしても仕方ないんで、次回以降それぞれのプラグインに関して書いて行こうと思います。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus