Music

2020年、sum41のライブの仕上がりが近年最高、絶対見に行け。

2020年、sum41のジャパンツアーが行われましたが、

2019年のワープドのライブ音源がyoutubeに上がっています。

俺らが待ってたのはこういうsum41だよ!と言わんばかりのクオリティ。

やはりsum41はパンクバンドの中ではひときわハードロック系のサウンドが売りですから、

2015年にギターのデイヴ・バクシュが帰ってきたのは本当に大きいですね。

実際デイヴ再加入後のsum41のアルバムは超名盤Chuckの輝きを追わんとするようなサウンドが目立ちます。

というか僕はChuckまでとChuckあとって分けちゃうんですよねどうしても。

デイヴが抜けた後のアルバム、UnderclassHeroはChuck以前の曲調が時代の風潮から完全に逸脱していて各媒体でぼろくそに言われましたし。

Screaming Bloody Murderに至っては暴行事件のせいで日本では発売延期、

出てきたアルバムも前作の失敗?を取り戻すべく、無理やりなハードロック路線。

デリクのメロディセンスとヴォーカルワークは光りますが、どうしても音が細い。

ミックスマスタリングの問題もありでしょうが、さすがにちょっと。

マイケミとグリーンデイみたいなやつって表現が言いえて妙です。

やりたいサウンドにミックスが追い付いてないって感じがします。

ここらへんからプライベートスタジオを作ったらしいので、そこらへんも要因かもしれません。

でもドラムに関してはcatitalで録ったって記録もあるし、PerfectSoundStudioにはNEVEのアナログコンソールがあったはず。うーん。

こうなるとやはりサウンドの肝であったデイヴの存在がないということが大きいように思えてきます。

この作品と同年にはライブアルバムがリリースされますが、これも特に・・・

やっぱり音が軽いんです。

何度も言いますが、sum41がsum41たるためにはハードなギターの壁が欲しいんです。(あくまで個人的な感想です。)

そんな中ドラムの陽気なおっさん、ススティーブ・ジョクスが脱退します。

これは結構ショックでしたね。

そのあとに出たアルバム、13voices。

ここでデイヴが帰ってきます。

これを待っていた。

ただジョクスの代わりに入ってきたズモ。

彼がまだ馴染んでなくてちょっと腰が高い感じ。

ただやはりこのオケは気持ちいい。

デリクがアル中から抜け出し、結婚したことも大きいでしょう。

この写真ほんとうにすき。

内向的な彼の葛藤のすべてを受け止め浄化した彼女の功績はバンドの歴史の中でも光り輝いています。

次のアルバムあたりでいい感じになるぞ!と期待が膨らみました。

同年というか同時期にアルバムを発売したグリーンデイの新譜で沸き立つ洋楽界隈で一人ほくそ笑んでいました。

そして2019年、ついにきました。

Order In Decline

完全復活しましたね。

もう言うことねえよっていうサウンド。

おまえまだこういうのできたんじゃねーか!!!っていう。

久しぶりに通して聞いて涙が出たアルバムです。

これを待っていた!でも決して懐古的ではない作品。

トンネルは長かったですが、抜けた先は素晴らしい景色が広がっていたでしょう。

前作では違和感が否めなかったズモのドラムも、もうこの人じゃないと考えられないくらいかっこいいです。

もともと全員パーカッションのバンドの人ですから、腕はピカイチです。

すげえなげえ前置きになりましたが。

最後に同じくワープドのアクトで示させていただきます。

個人的感想いっぱいの乱文失礼しました。

ズモのラップめっちゃいいやん!

2019年一番さわやかな歪みサウンド Simple Creatures – Thanks, I Hate It

spotifyで掘ってたら見つけました。

すげえよくて、どこか懐かしい感じもして、でも音は最新っていう。

調べて見たらそのはず。

blink182のマークホッパスとAll time Lowのアレックスガスカースのユニットでした。

全く知らなかったぞこれ・・・。

それぞれのバイオ

・マイク・ホッパス

ご存知blink182のベースヴォーカル。

楽器と同じくblinkでは主に低音域とコーラスを担当していました。

blinkのメンバーは全員がいろんなバンドやりすぎててもうよくわかりません。

でもやっぱりヴォーカルは健在ですね。

・アレックス・ガスカース

All Time Lowのヴォーカルギター。

個人的にはロストプロフェッツのヴォーカルに顔が超似てるって印象が一番強い。

いわゆるメロコアバンドの中では飛び抜けてイケメンです。

顔のことしか出てこねえな・・・。

All Time Lowはもともとblink182のカヴァーバンドとしてやっていた時期もあるので、今回のコラボはとても嬉しいでしょうね。

音楽性

wikipediaにはニューウェーブシンセポップとあります。

たしかにどこかペットショップボーイズのフレーバーも感じます。

二人ともとにかく声がいいのでヴォーカル至上主義の昨今では無敵ですね。

どっちがヴォーカルを取るかで随分と印象が変わります。

マイクの歌はやはりどこかダウナーな抑制的な印象を受けます。

大好物です。

間違いなく2019-2020を席巻するユニット。

キャッチーでポップなメロディラインにディストーションが心地よいサウンド。

綺麗だけど猥雑で、だけど、どこか抑制的儚い。

blinkとATLのミックス、個人的には2020年大注目です。

blinkは2019年、新譜も出しましたし、ライブで日本にこないかなぁ・・・

サマソニとかで見たい。

WeezerのニューアルバムVan WeezerのVanはVanHalenのVanなのか。

最近全然どメジャー路線の洋楽情報について行けておらず、

9月に発表されたWeezerのニューアルバム発売の知らせを完全にスルーしていました。

Weezer好きとしては嬉しいリリース頻度。

2019年1月にカヴァーアルバムを3月にオリジナルアルバムを出したばかりの彼らが2020年5月にリリースするアルバムが

「Van Weezer」。

Vanって聞くとどうしてもVanHalenが浮かびます。

まぁそんなわけねーだろと思い、ジャケットを確認。

転載元:ワーナーミュージック公式サイト
https://wmg.jp/weezer/discography/21757/

これもうVanHalenじゃん。

先行リリース

と言っても別に楽曲までVanHalenじゃねーだろうと思って

先行リリースされている曲を聞いてみます。

完全にVanHalenじゃねーか。

ギターの壁具合といい、アーミングの具合といい、ドラムの音づくり、完全に寄せています。

WeezerとVanHalenといえば

とりあえずWeezerのドラムのパトリックウィルソンはドラムを始めたきっかけとして、15歳の時に見たVanHalenのライブがきっかけと名言しています。

ギターの壁とWeezer

バンドサウンドとしてはクリーンなイメージがあるWeezerですが、

過去、BlueALbumでは結構なギターの壁を配しています。

この曲なんかは結構ハードなギターですよね。

アーミング、ライトハンド奏法を多用した感じになるんですかね。

なんにしろ楽しみだ。

2019年版インディーフォークポップコンピ。

ポチッと再生すれば部屋が一気にクリスマス。

0:00

Drakeford – ‘Christmas Again’

https://spoti.fi/387EeT7

https://www.facebook.com/Drakefordmusic/

Download: http://hyperurl.co/IndieChristmas2019

3:03

★Jars of Clay & SHEL — ‘Wonderful Feeling / Old Lang Syne’

https://spoti.fi/2rfmDYQ https://www.facebook.com/jarsofclay/

Download: https://apple.co/2Lq3ivb

7:35

★BROWN & GRAY — ‘It’s Not Christmas’

https://spoti.fi/34SJ0lC https://www.facebook.com/BrownAndGray…

Download: https://apple.co/34Nt8Rj

10:20

Clouds And Thorns — ‘Deck the Halls’

https://spoti.fi/33RTjVR https://www.facebook.com/CloudsAndTho…

Download: https://apple.co/2Lp72Nb

13:44

★Roses & Revolutions – ‘It’s Not Christmas Without You’

https://spoti.fi/2rVOEow https://www.facebook.com/rosesandrevo…

Download: https://apple.co/2sFT6Ib

17:08

Daniel Blake – ‘The Ones You Love’

https://spoti.fi/2Rov3b4 https://www.facebook.com/danielblakem…

Download: http://hyperurl.co/IndieChristmas2019

20:32

aeseaes — ‘Carol of the Bells’

https://spoti.fi/2Rnu2Qs https://twitter.com/acouplestreams

Download: https://apple.co/2YoPSEE

23:32

Leucadia – ‘Silent Night’

https://spoti.fi/366lKAI https://www.musicbed.com/artists/leuc…

Download: https://apple.co/2qqKF2J

27:29

Mike Edel – ‘Our Forever’

https://spoti.fi/388yrwF https://www.facebook.com/mikeedelmike…

Download: https://apple.co/2rnNNNc

30:47

Aimee Bayles & Matt Sucich – ‘Have Yourself a Merry Little Christmas’

https://spoti.fi/2DNXfwa https://www.facebook.com/aimeebaylesm…

Download: https://apple.co/34VJBmz

33:54

Nathan Colberg — ‘This Christmas Eve’

https://spoti.fi/369Fsvm https://www.facebook.com/nathancolber…

Download: http://hyperurl.co/IndieChristmas2019

37:15

Dancing on Tables — ‘Merry Xmas Everybody’

https://spoti.fi/369FYcM https://www.facebook.com/dancingontab…

Download: https://apple.co/2sJSam6

40:14

Stables — ‘O Come, All Ye Faithful’

https://spoti.fi/2DTqTQu https://www.facebook.com/stablesmusic/

Download: http://hyperurl.co/IndieChristmas2019

42:18

★Abbie Ozard – ‘Stay Another Day’

https://spoti.fi/2LsVwR4 https://www.facebook.com/abbieozardmu…

Download:https://apple.co/2s33mtG

45:33

Courteous Thief — ‘Mountains And Sea’

https://spoti.fi/2YlI8mU https://www.facebook.com/courteousthief/

Download: http://hyperurl.co/IndieChristmas2019

48:42

Scott Orr – ‘The Christmas Song’

https://spoti.fi/38bzlbV https://www.facebook.com/scottorrmusic/

Download: https://apple.co/2qnwQ54

50:46

★The Johner Boys — ‘Let It Snowman, Let It Reindeer’

https://spoti.fi/2DSOv7S https://www.facebook.com/TheJohnerBoys/

Download: http://hyperurl.co/IndieChristmas2019

54:10

★Cavern Company – ‘Every Holiday’

https://spoti.fi/369MQXH

https://www.facebook.com/caverncompany/

Download: http://hyperurl.co/IndieChristmas2019

59:18

★CHPTRS — ‘Auld Lang Syne’

https://spoti.fi/38cE793 https://www.facebook.com/wearechptrs/

Download: http://hyperurl.co/IndieChristmas2019

おすすめは

NEW FOLKムーブメント急先鋒?『家主』

筆者が最近一番気に入ってる邦楽バンド。

それが家主です。

記事を書こうにも全然情報がねえ!

■メンバー

・田中ヤコブ(Jacob Tanaka) – Vocal / E.Guitar / A.Guitar / Keyboard

・田中 悠平(Yuhei Tanaka) – Vocal / E.Bass

・谷江 俊岳(Toshitake Tanie) – Vocal / E.Guitar

・岡本 成央(Akihiro Okamoto) – Drums / Percussion / Chorus

■バイオ

田中ヤコブなるシンガーソングライターが学生時代に結成したバンドらしいです。

バブル経済末期、沖縄県にて産声を上げ、転勤で各地を転々としつつ、ミレニアム前夜に東京都と神奈川県境地域に落ち着く。セミプロミュージシャンとして活動していた父からの影響もあり、様々なロック音楽を浴びながら育つ。中学時代よりギターを始め、以来ギターを一番の親友として、自室で弾きまくる。いつからか、誰に聞かせるでもない珠玉のポップチューンを独学で作りはじめ、MTRの手を借りてシコシコと録音、それらデモ楽曲を密かにyoutubeにて発表。同時代のインディーシーンから隔絶したマイペースな活動を続けるも、そのデモは一部の激賞を呼ぶ。また、近年ではラッキーオールドサンのサポートギタリストなどの活動を通して、その激烈なプレイで聴くものを魅了してきた。そんな中、2017年より本格的に自身のアルバムの制作を開始。2018年6月、いよいよその初作にして集大成的作品がTONOFONよりリリースされる。

(田中ヤコブ公式HPより)

トクマルシューゴのレーベルよりデビューしてるあたり、なるほどと言った感じの作風で、ラッキーオールドサンのサポートギタリストと聞いて、さらに納得。

■作風

ふるくさーい感じのギターサウンドを多用しながらもフレーズに今風なエッセンスを忘れないセンスはNew FOLKの名に恥じぬ素晴らしい才能だと思います。

特徴的なヴォーカル処理を一貫して行なっており、より一層レトロなテクスチャーを彩っています。

この曲は80年代ロックの匂いもまぶしつつ、それでもジャンルは?と問われたら、まぁ、フォークか・・・?となる絶妙なさじ加減。

バンド名を冠したテーマと言いつつ、詩の内容は鬱々とした内面の吐露をさわやかなフォークロックに落としこんでいて、一聴して惚れ込んでしまいました。

この感じのブリッジミュート、すげえ久しぶりに聞いた気がする・・・。

これこれ、こういうギターソロが欲しかったんだよ・・・。とノスタルジックな気持ちにもさせてくれる、そんな音に強く惹かれます。

こちらもなんとも言えない懐かしい?物悲しい?そんな気持ちになる曲。

a-haのようなイントロから入り、やはり80年代を感じる展開。

そしてまた歌詞がエモい・・・。

全体は飽和感があるのにうるさくない。

懐かしさが舞ってる音作りには脱帽です。

とにかくこのスネアの音が本当にすき。

うるさくないスナッピーサウンド、エンジニアリングにも耳が行きますね。

■まとめ

この感じ、わかった、はっぴいえんどだ。

Never Young Beachとはまた違ったNew FOLKの世界、きっと2020年バズるはず。耳が早い人は注目しておいて損はありませんね。

そんな彼らリリースがあります、僕は買いました。

https://amzn.to/38LpyJW

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus