導入

名作ローグライクとして根強い人気を博しているRisk of Rainに続編がでました。

そのまんま、Risk of Rain 2

森羅万象すべてのものの第二作目、2はくそなことが多いのが常です。

はたして今回はどのような仕上がりになっているのか。

まずは1回死ぬまでプレイしてみたので所感を書いていきます。


アーリーだから多めに見てね!とのこと、そうまだアーリーアクセスなんです。

アーリーながらもマルチプレイも問題なく可能なようです。

最初に選べるのはコマンドだけ、ほかキャラはアンロック式です。

早速プレイ

どーんとポッドで出されます、まぁ知ってましたけど。

3Dかよ!!!!!!!!!!

ってなりますよね。前作は横スクロールでしたから。

左クリックで通常攻撃、右クリックでスキル攻撃。

Rボタンアルティメットスキル的な感じでしょうか。

Ctrlダッシュシフトローリング

アイテム取得もまったく同じ、でも3D

今回もアイテム数は相当な数ありそうですね。

タブキーでシームレスにアイテム効果を確認できます。

お前も3Dかよ!ってなる懐かしいゴーレム。

アイテム取得は相変わらずの課金制wお金を払うとランダムでアイテムが出てきます。

お布施オブジェも健在、こちらは一定料金を払うと

アイテムが出たり出なかったりしますw

一通りエリアを回ったら次のステージに進むためのポータルを探して。

起動します。

ボスがどーんときます。

その際大量の中ボス級も沸くため、

ハイ、にました。

総評

3Dになり、実質TPSになったRoR2。

TPSだし、AIM苦手からなぁという友人もいました。

僕自身プレイするまではまったくの別ゲーとして考えていましたが

初回プレイでもうこれは紛れもなく、Risk of Rainだということを確信しました。

悪く言えば、前作をそのまま3Dに焼き増ししただけ。

しかしその実は前作でのゲーム性、バランス、デザインが洗練されていたことの裏付けになっています。

3Dにしただけ、でもこれは間違いなく名作ローグライクゲームです。

価格も手を出しやすく、容量も食わないです。

問題は時間泥棒なところと、腱鞘炎ですかね・・・。