料理

とんでもなく飲みやすいキウイ酢を作る。

けだるい梅雨が続いております、とはいえ来週から暑くなるということで、

夏を前に我が家での夏の定番、キウイ酢でも作るか、と。

先週漬けておいたキウイ酢が完成したわけですが、NHKでキウイ酢、

取り上げられたみたいですね!!!トレンドブログみたいだ!!!やったね!!!

でもあれ普通の穀物酢で作ってたし、多分飲みにくいんだよね・・・

てことで我が家のストレートで飲めるレベルに飲みやすいキウイ酢をば。

材料

・保存瓶

・キウイ 3~4個(保存瓶の3分の1が埋まるくらいで個数は適当に。)

・氷砂糖(キウイ1個に対して100gの氷砂糖)

・リンゴ酢(キウイ1個に対して、2分の1カップ)

以上

我が家ではキウイ4個に対して、氷砂糖400g、リンゴ酢2カップで作ります。

作り方

1、まず瓶を煮沸します。しなくてもいいけど自己責任で。

付近を底に敷いた大きな鍋にお湯を沸かして、そこに瓶をダイブ

5分ほどまんべんなくぐらぐら沸かしたらだいたいおーけー

取りだして放置しておけば乾きます。

2、キウイの皮をむいて輪切りに。

薄すぎず、厚すぎず。

3、煮沸した瓶にキウイ、氷砂糖を入れ、リンゴ酢を注ぐ。

以上。

完成まで

ぶっちゃけ24時間くらい経てば飲めます。保存は1週間をめどに、これも自己責任で。

1日一回かき混ぜるとむらなくできます。

活用

ロックで飲んだり、炭酸で割ったり、チューハイに居れたり、がいいかな

使ってるキウイは料理に入れたりもできる。もちろん食べてもいい。

うちはカレーに入れたりしちゃう、入れすぎんなよ。

おれんちのネギ油の作り方

おれんちの数ある自家製調味料の中で人気のあるネギ油。

レシピ教えろ言われたから書くよ。

材料

ネギの青いとこ3本分(あるだけでいいよ

油(ネギ1本につき200~250ml)まぁ適当でいいよ

適当な香辛料。

道具

深めの鍋、材料の上げ具合、油の色味がわかりやすいから俺は雪平鍋使ってます。

ざる

菜箸

手順

ネギの青い部分を

ねぎの青い部分を

こんな感じで2cmくらいに切って

鍋にぶち込みます。

油はなんでもいいけど安いから今回はこれ

油の量は書いたけど、ネギが少しつかる程度でOK

少ないように思えるけど、ネギは縮むから心配すんな

今回の香辛料たち

唐辛子、八角、カルダモン、ブラックカルダモン、昆布、シナモン、ブラッククミン。これがうちのデフォルトだけど、別に何入れてもいいから

適当にあるやついれて、ないってやつは昆布とローリエとかがそろえやすくておすすめ。

あとこれ、フェンネルも入れてみよう、独特の甘い香りがチャイとかにも最適。

合わせダシパックも余ってたからやぶってぶち込もう。

にんにくもあったから入れよう

これもあったし、フォアジャオ

これは正直売ってないから無視して、カレーリーフ。

生のカレーリーフは日本では貴重品です。興味ある人は聞いてね。

柑橘系の爽やかな香りがカレーに清涼感を与えてくれるよ

全部油に入れたら火にかけて、中火~弱火にかけよう

真面目にやりたい人は料理用温度計で110~120度で揚げてね

ブクブク泡が出てきたら火を弱めつつ、ひたすら30分弱揚げるよ。

だんだんネギが上がってカリカリになってくるよ

こんな感じになったらだいたいおっけー、こっからもう少しやると香ばしくなるけど、焦げやすいからここで止めてもいいよ

軽く具材をかき回して、カサっみたいに手ごたえを感じたらカラッと上がってるよ、目安はニンニクがうまそうにあがったらでもいいかも。

粗熱をとったら、ざるで濾して

前に作ったネギ油に

継ぎ足しどーんで秘伝のネギ油の完成。

チャーハンとかラーメンの仕上げ、ほかにも炒め物の最後に入れるだけで数倍うまくなるし、割と日持ちもするからネギが安かったらぜひどうぞ。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus