アーティストアーカイブ

久しぶりにいい感じの女性ヴォーカルテクノポップを見つけました。The Waked – All For You ft. Hanna Löwenborg

The Vibe Guideさんで紹介されました。

久しぶりにイントロからハイ、すき~~~wwwwになって

歌もすき~~~wwwwwって曲に出会いました。

Aviciiを彷彿とさせるシンセワークですが、爽やかながらも哀愁を感じさせる手腕は今年一番すきかも。

トロピカルなニュアンスからkygoにも似ていますね。

そこらへんのラインが好きな人はぜひ。

トラックメイカー

トラックメイクはThe Wakedとクレジットがあります。

なんかどっかで聞いたこともあるような名前ですが、

とってもマイナーな人のようです。

The Waked
The Waked – 「いいね!」19件 – Music collective from Sweden www.instagram.com/iamthewaked

情報がねえ・・・。

Facebookから2017年に活動をはじめた、スウェーデン出身のアーティスト集団、ということだけわかりました。

ご視聴はこちらから。

基本的にトロピカルかつ、ノスタルジックなシンセワークが光ります。

このニュアンスは日本人に絶対合うはず。

ヴォーカル

まったく情報がない!!!!!!!!

びっくりするほどない!!!

スウェーデン生まれのシンガーソングライターのようです。

色々調べたらいわゆるイギリスとかのオーディション番組の

スウェーデン版で有名になった人のようです。

その時は弾き語りでしたが、それが今回エレクトロと融合することで

より良いマッチングになっているように思えます。

スウェーデンといえばカーディガンズに代表される

ノスタルジックロックの聖地ですしね。

それを現代に昇華させ、

トロピカルでノスタルジックなテクノに載せる。

これは流行ってほしいなぁ

オランダ発のハイブリッドカントリー Jim van der Zee

IndieVibesのレコメンドで見つけました。

Jim van der Zee

日本語読みだとジム・ファン・デル・ゼーですかね。

まずイントロのギターがもうかっこいいし、その後に紡がれる物悲しいエレキサウンドも超すき。

さらに歌がとにかく渋くてすき。

しかもいかにもオランダって感じのイケメン。

オランダ人のイケメンってほんとにイケメンだよね・・・。

父親の影響で6歳からギターを始め、高校卒業後に

アムステルダムの音楽院で音楽を学んだという正統派シンガーソングライター。

youtubeの登録者数から見るにまだ有名ではないようです。

音楽院でアカデミックに、またヨーロッパ各地を路上ライブ行脚したようで、

腕前もかなりのものです。

今年の3月にシングルをリリース、現在アルバム制作中とのことです。

2018年に10曲入りアルバムもリリースしています。

今後の活躍に期待したいです。

ケルト音楽?いいえ、ヴァイキングの聖歌です。SKÁLDを紹介。

ワールドメタルを愛好している僕ですが、またすごいのを見つけました。

北欧系の民族音楽というと日本ではケルト音楽がおなじみです。

固有の領土を有しなかったといわれる民族と不思議と通じ合う哀愁。

それがケルトが日本に浸透した理由とぼくは学生時代論文を書きました。

今回は紹介するバンドはそのケルト音楽ではありません。

ヴァイキング音楽です。

・まずは御一聴

重厚でシンプルなサウンド。

地を這うようなコーラスに支えられた妖艶で伸びやかな女性ボーカル。

ケルト音楽とは違った印象を覚えます。

・バイオ グラフ

プロジェクト名はSKÁLD

北欧神話に触発された音楽活動を行っています。

ほぼ文献が残っていない中世期のスカンジナビア周辺の神々の物語を

当時頭脳の中枢だった吟遊詩人たちと同じように

豊かで複雑な語彙を用い、時に力ずよく、時に神秘的な

いわばトランス状態へといざなう、そんな口頭でしか伝えられてこなかった伝説の数々を後の世に残していく、そんな思いで始まったプロジェクト。

・楽器

ワールドミュージックにおける醍醐味はその多彩な楽器隊による

他と一線を画した雰囲気、サウンドです。

ここでヴァイキング特有の楽器を紹介します。

ヴァイキングドラム

特に印象的なのはイントロから流れる地鳴りのような打楽器。

最初はケルトの打楽器、バウロンだとは思ったのですが、

こちらのシーンでしっかり紐張りのものが出てきました。

ヴァイキングドラムといわれる打楽器ですね。

姿形はバウロンそっくりですが、構造・演奏方法が違います。

こっちがバウロン、バチの両サイドで打ちこむ、どちらかというと軽快なリズムが特徴です。

リラ

ハープのようなこちらの楽器、ヴァイキングハープ

もしくはヴァイキング・リラというようです。

スカンジナビア特有のハープですね。

ボーンズ

まんまです、骨です。

どこの地域にもある最も原始的な打楽器ですね。

PVに出てこない楽器たち

フジャラ

PVの説明文に書いてあります、こちらスロバキアの楽器のはずですが、使用されています。

シトラ

他のPVではヴァイオリンのような楽器レベックも登場します。

そしてこのとてつもなくでかいヴァイオリン、これなんだっけ・・・。

名前が思い出せません。

リリース

今のところアルバムを一枚リリースしています。

全13曲入り。

その名も

VIKING CHANT

直訳すると、ヴァイキングの聖歌

spotifyで全曲視聴可能です。

他とは一風変わった楽曲たち、でもどこかで心が沸き立つ

そんな不思議な楽曲たちをぜひ。

こちらの記事もどうぞ

突如として現れたモンゴリアンメタルバンド The HU【What’s Neu】
ある日突然youtubeのレコメンドに現れ、おまえ・・・どこから来たんだよ・・・って感じのバンドThe HUを特集します。

フルタイム農家ミュージシャン Gregory Alan Isakov

いつものようにyoutubeで音楽を掘っていたら、いい感じのフォークを見つけました。

名前はGregory Alan Isakov

早速いろいろと調べたのですが、バイオグラフィーに気になる一文を発見。

Colorado-based indie-folk artist is a full-time farmer who sells vegetable seeds and grows various market crops on his three-acre farm, while also tending to a thriving musical career.

コロラドで3エーカーもの農地を持ち、フルタイムで農家をしながら生計を立てているミュージシャン。

面白い・・・。

昼間は農地を耕し、作物を育て、夜になるとスタジオに籠り、

機材とともに音楽を紡ぐ、こんな生活もいいなぁと感じさせますね。

2018年にニューアルバムをリリースしました。

Evening Machines

全12曲。

アルバム名が指す通り、どの曲も夜の雰囲気に仕上がっています。

それもそのはず、昼間はフルタイムで農家ですから。

必然的に作業は夜中になるはず、

眠れない夜に機材の明かりに照らされた自分と見つめあう。

それがそのままアルバムタイトルにつながったと彼は話しています。

農作業を終えた彼が薄暗い部屋で紡ぎだす音楽たち

広大な大地と突き抜ける空を表現するフォークが多い中、

非常にダウナーで自分の内と向き合うようなそんな曲の数々。

微睡みのフィルターがかかったサウンド、すべての音が遠くから優しく包んでくる。たとえるなら水彩画のようなそんなサウンドに仕上がっています。

https://smarturl.it/eveningmachines

こちらのリンクから購入ができるので気になる方はどうぞ

spotifyでも聞くことも可能です。

寒の戻りの今日この頃、肌寒い春の夜長にぜひ。

春の夜長にギターが素敵なチルな1曲 mattdeguia – daylight

いつものようにyoutubeを徘徊してたら見つけました、

鈍重なキックの上に散りばめられた上物キラキラきれいな初夏の水面を連想させる

そしてそんな水面に浮かぶ心地の良いギターサウンド、そんな楽曲。

とにかくギターのフレーズ、サウンドに舌鼓を打っていただければ。

Bio

matt deguia

アメリカカリフォルニアデレーノのアーティスト。

これしか情報がねえ・・・。

SOUND CLOUD

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus