2019年 2月 の投稿一覧

Arctic Dolphin – Amber Stabilized Wood Squonk Mod 開封編

・導入

今回はフルメカニカルスコンカーのレビューです。

そもそもフルメカニカルスコンカーってなによって話ですが、

フル、何がフルなんだと・・・その前に。

メカニカルスコンカーってなに?って人もいると思います。

レビュー記事でそこを丁寧に書くと導入が長くなるので、そこらへんは後日記述します。

 

・フルメカスコとは

要はこれです。

基盤無しのスコンカーMOD。

下のボトルにリキッドを入れ、押し込むことでリキッドがアトマイザーの下に空いている穴から補充されるっていう

ドリッパー(RDA)のダイレクトな味わいを楽しめつつ、RDAの欠点である頻発するリキッドの補充を簡素化したMOD。

まあひとつの夢のVapeです。

こいつはその中でも所有感をくすぐるスタビライズドウッド製のMODになります。

スタビライズドウッドというのは乱暴に言ってしまうと、「木目に色付けをした木材」のことです。

Smoky Edge.inc
Smoky Edge.inc
http://smokyedge.com/stabwood-の進捗~その2/
for all vaper,engeneer and gamer

以前紹介したMirageは同じような模様ですが、あっちはフルレジン、つまりレジンで色合い、模様を出しています。

Smoky Edge.inc
Smoky Edge.inc
http://smokyedge.com/lost-vape-mirage-dna75c-開封/
for all vaper,engeneer and gamer

どちらも一点物ですが、やはりスタビライズドウッドの方が加工難易度、またそもそもの木目に左右されることから

希少価値が高くなります。

個人的な肌感ですが、市場相場は2万〜10万を超えるものまで存在します。

欲しいなと思ったMODでも、売れてしまえば同じものはおそらく一生手に入りません。

ロット数もそんなに出ないため、人気メーカーのスタビライズドMODはそもそも市場に出回りません。

 

・商品紹介

そんな中で登場したスタビライズドウッドMODが今回紹介する

Arctic Dolphin – Amber Stabilized Wood Squonk Modです。

本家HPはこちら。

Arctic Dolphinは2002年に中国で誕生したVapeメーカーです。

製品ラインナップにスタビライズドウッド、スタビライズドウッドとレジンを組み合わせたハイブリッドウッドのMODをリーズナブルに提供しているメーカーです。

値段は3Avape会員価格$79.9 日本円で9000円いかないくらいです。

https://www.3avape.com/arctic-dolphin-amber-stabilized-wood-squonk-mod.html

日本の通販で購入すると1万3千円くらい、割高なのには色々な理由がありますあとで書きます。

 

 

僕もこの商品を買うまでこのメーカーのことは知りませんでしたが、この価格帯(1万円前後)で提供しているのは素直に驚きました。

・スペック

使用バッテリー :18650
サイズ(LxWxH):83mm x 50mm x 28mm
デッキサイズ:24mm

シンプルで落ち着いた色合い、これは当たりですね。

当たり、そうです、基本的にこういう安価なスタビライズドウッドMODで一番怖いこと。

それは届くまでどんな色が来るかわからないことです。

もちろん選べるMODもあります、でもこの価格帯では難しいように思えます。

さきほども言いましたが、さっきの日本の通販サイトの場合、

購入ページの下の方に詳細な写真とロット番号が付加されています。

つまり自分の好きな色合いを見てから買える気に入ったロットに対して注文ができるのです。

これは非常にありがたいです。

送料含めても3000円ほど割高ですが届いて見て、この色はちょっと・・・ってことにならないだけずっとお得です。

そして色味がわかる分、かっこいいのはすぐに売り切れます、早いもん勝ちですね。

これだけの希少性と所有欲を満たすものだと当然、プレミアがつきます。

元値が1万でも色味によっては数倍になるなんてことも・・・。

僕はこのギャンブルが結構好きで、8000円でめっちゃいい色が来た時の喜びはひとしおです。

もちろん転売なんてしませんけどね笑。

・スタビライズドウッドのポテンシャル

スタビライズドウッドMODの楽しみ、それは色味の変化もあります。

基本的に見本の写真は素の状態です。

これにオイルを塗り込み、ワックスや蜜蝋で仕上げることにより、木目の色合いがより鮮やかになり、

見違える見た目になることがあります。

ここらへんは前回のDaniを磨いた際にもわかったかと思います。

Smoky Edge.inc
Smoky Edge.inc
http://smokyedge.com/daniを磨く/
for all vaper,engeneer and gamer

このMODもおいおい磨いて行こうと思います。

結構印象変わります、楽しみです。

 

こんな木の箱に入ってきます。

窓が割れているのはご愛嬌でしょう。

一応ワランティカードが入っています。

内容物は以上。

潔いですね。

今回はここらへんにして次回は実際に機構、使用感などを書いていきたいと思います。

 

イヴェニアの霊廟への行き方【anthem】

アンセムのイヴェニアの霊廟への行き方がくっそわかりにくいからのっけて置きます。

1時間くらい迷った・・・。

イヴァニアの霊廟への行き方って調べてる人も多そう。

 

ここらへん、フリープレイでタルシスから出て壁を左手にひたすらぐるりと回って

端っこまで来たら

この石に乗って。

ここ

ここに降りると

イヴェニアの霊廟への道があります。

Kayfun [Lite] 22mm by SvoёMesto レビュー

導入

promistvaporさんからのダイレクトメールで

kayfunの新作出るよ~~ってことで早速買ったらもう届きました。

Kayfun [Lite] 22mm by SvoёMesto | Promist Vapor
MTLタンクアトマイザーとしては今や定番となっている名シリーズKayfun。今回これまでとは打って変わって背の低さが特徴的なRTAで、凹凸は少なくほぼツライチに設計されたそのボディにはミニマルな印象を受けます。ショートルックなため、最近再ブームの流れにある18350、18650バッテリー規格のステルスMODとの相性も抜群と云えます。

当然のように在庫切れですね、はい。

 

外箱を開けると化粧箱が。

開けた瞬間ポチ袋が鎮座しててイラっときます。

蓋開けた瞬間にアトマイザー見えない焦らし、嫌い。

中身はエアフローコントロールいもねじとオーリングとポスト用のねじ

あと使用上の注意っていうゴミが入ってました、アトマイザーに関する説明書はなかったですね。

わかるよね?ねっ?みたいなスタンス。

小物とごみの入ったポチ袋を取ると

ご本尊が登場。

kayfunにしてはコンパクトだね、十分でかいけど。

 

あんまり見たことがない、中間層が細いタンク、何とも言えないビジュアル。

スペック

はこんな感じです。

【仕様】
外径:22mm (最大22.8mm)
高さ:33mm (ドリップチップ、510除く)
タンク容量:2ml
製造国:ドイツ

【素材】
ベース、デッキ、トップ: 316L 
Window: PEI
インスレーター: PEEK、POM
Oリング: NBR70

ちゃんとオーセンティックなのでシリアルがあります笑

3147、結構作ってるんですね。

君ってまっすぐ写真撮れないのってよく言われます。仕様です。

部品点数は多分5点+1

kayfunにしては部品点数が少ない印象。

これ、リキッドチャージどうするんだろって一抹の不安を抱えながらも。

デッキ

でっきは多分primeと同じ

何も変わってない気がする。primeの本物売っちゃったから比較できませんごめんなさい。

 

デッキねじが最初からついてなかったので付けました。

チムニー

 

チムニーはこんな感じ

primeのミニチュア版って感じですね、でも今回はジュースコントロール機構がありません。

エアフロー

 

んで今回の目玉機構、よくわかんないエアフローコントロール機構です。

サイドの小さい穴から取り入れてデッキ下からエアーが噴出します。

primeのようにエアフローコントロールリングやジュースコントロール機構はありません。

小型化を図るためにそぎ落としたみたいです。

心配なのはジュースコントロールがないことによる内圧からの漏れ、でもたぶんそこらへんは計算に入れて設計されているのでしょう。

こいつの具合はもうちょっと使い込んでから別記しますね。

ぶちこむとこうなります。

これ知らないで勝った人絶対付けないよね・・・。

ついでにオプションでウルテムのドリップチップも買っておきました。

装着感

どれもしっくりこなくて新しいMOD買っちゃいそう・・・。

総評

今回世界の流れに乗って小型化を図ってきたkayfunの新作

まだ使ってみたばかりですが、いろいろな点でちょっとこれは・・・ってのが多いです。

もしかしたらSVOE MESTOの黒歴史になるのかも・・・。

 

使用感などは来週あたりまで使い込んで書きます、しばしお待ちを。

 

 

匈奴ロックというジャンル (Hunnu Rock)

導入

超零細ブログとして存在している当ブログですが、

なぜか先日書いたThe Huの記事へにアクセスが多いです。

Smoky Edge.inc
Smoky Edge.inc
http://smokyedge.com/the-hu【whats-neu】/
for all vaper,engeneer and gamer

ジャンルとしては The HuがHunnu Rock Bandと名乗っていることから。

匈奴ロック(Hunnu Rock)と仮にしておきましょう。

そもそも匈奴ってなんですか

ってことになりますが、

匈奴(きょうど、拼音: Xiōngnú)は、紀元前4世紀頃から5世紀にかけて中央ユーラシアに存在した遊牧民族および、それが中核になって興した遊牧国家紀元前209年 - 93年)。モンゴル高原を中心とした中央ユーラシア東部に一大勢力を築いた。

(wikipediaより引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/匈奴)

ということらしいです。

つまりモンゴルにいた遊牧民たちのこと。

匈奴Rockとはモンゴルの遊牧民たちによるロックンロールということになるでしょう

モンゴルにおける音楽

匈奴の音楽とするに至らなかったのはネット上に日本語の資料が見つからなかったからで

本来ならば匈奴の音楽性を追ったほうがいいんだろうが、何せ1500年以上前の話、

追うのは歴史書を紐解かねばということで、今回はモンゴル音楽にフォーカスしてみる。

そもそもThe Huに見られる楽器、2弦の大型の撥弦楽器、馬頭琴

こちらは外モンゴルに住んでいたトルコ系ウイグル族がシルクロード経由でイスラム教が伝来し、

文化指導を受けた際に入ってきたイスラム系楽器のラバーブと中国の二胡、こちらが合わさってできたと言われています。

そもそも撥弦楽器は紀元前にインド付近で発生したと考えられており、

それぞれシルクロードを通って二つの楽器が融合したのはロマンがありますね。

ここで面白いのはモンゴル人がイスラムよりの7音音階とも中国の伝統的な5音音階とも異なる

独自の5音音階を用いていたことでしょう。

The HuのPVでも馬頭琴と並ぶ、印象的な3弦の弦楽器ですが

こちらはおそらくモンゴル楽器のシャンズではなく、

リュートのモンゴル版、ドンブラの3弦バージョン、セタールかと思われます。

リュートは古くはササン朝ペルシアに原型を持つ楽器で、それが一旦西に伝わりリュートとなり、

シルクロードを渡ってモンゴルに渡ったようです。

ここらへんの軌跡はほんとうにきちんと追ったわけではないので正確性に難がありますがご容赦を。

そして匈奴という言葉

ここまで真面目に調べ物して書いたのは初めてなんですが、

年代でいう匈奴とThe Huの音楽性は必ずとも一致しないということです。

まぁおそらくルーツとして、スピリットの部分を示したということなんでしょう。

そもそも匈奴における固有の楽器類に関しての記述が当然ながら揃えられず力不足を感じます。

西欧化し、元来の民族性から離れていっているモンゴルへのアンチテーゼのような。

武を持って国土を制圧していった遊牧民としての誇りを取り戻すべく

そういった音楽性なのでしょう。

 

 

オチがないな・・・。

名古屋の新生実力派バンド Suspended 4th 【What’s Neu】

なんでこんなコーナー名にしたのかわからないコーナーの時間です。

今回紹介するのは去年の夏から注目している名古屋のロックバンド

Suspended 4thです。

オフィシャルHP http://suspended-4th.com/

まずはこちらをごらんください。

イントロから気持ちのいい歪みのギター

そして何よりELLEGARDEN世代としてはたまらないスコーンと抜けるスネアの音。

抜群の安定感を覚えます。

おそらく安定感の秘密はベース隊の安定感にあるでしょう。

ドラムの手癖の安定感、そしてベースの適度な歌感。

これが基本すべて一発録りだというんだから驚きです。

歌手が少し暑苦しいですが、気にならない演奏のかっこよさ。

若手バンドの中では群を抜いています。

一発録り?PVだと当て振りじゃんって方はこちらをどうぞ。

さすがにこちらは生演奏なだけあってレコーディング音源に比べ劣りますが、

それでも演奏力はピカイチです。

今更ながらメンバーはこの4人。

Gt.&Vo. Kazuki Washiyama
Gt. Seiya Sawada
Ba. Hiromu Fukuda
Dr. Dennis Lwab

エンジニアのスズキレイト氏の手腕も光っています。

個人的にスズキさんの音作り、とっても大好きなんです。

(おそらく)年下のエンジニアがかっこいい音を一緒に作ってるのは勇気づけられますね。

個人的にはアルバム曲の

Rainy, Rainbow later が好きです、ミドルテンポの曲もいけるんだぞっていうことで、バンドの可能性も見えてきます。

名古屋での路上ライブも精力的に行っています。

録音環境の問題から音質は悪いですが、やはり抜群の安定感ですね。

アルバムはこちら。

‎Suspended 4thの「INVERSION – EP」をiTunesで
‎”INVERSION”、”BIG HEAD”、”Rainy, Rainbow later” とその他を含む、アルバム「INVERSION – EP」の曲をプレビュー、購入、ダウンロード。 アルバムを¥1,000で購入する。 1曲¥250から。

今後に動向に注目です。

Elysian Elixirs – MJOLNIR

今回はリキッドのレビューです。

無類のchina vape TV好きのぼくは暇なときちぇんさんの昔の動画をラジオに作業してるんですが、

今年はチャイ系のリキッドで攻めようと思ってたところこんな動画を発見。

まぁもう1年半前だし在庫ないよなぁなんて思ってググってみたら

Amazonにありました。ラスト一本

今月のVape予算すでに超過してるのにも関わらず、深夜テンションで速攻でぽちり。

60mlで2280円くらいでした。

8時間ほどでもう届きました、さすがAmazon。

ご丁寧に大人気との表記。

後ろの文字よめないからやめてーや

アメリカはカリフォルニアのリキッドのようです。

ぼくFriscoVaperとかカリフォルニアリキッドすっきーなので期待。

元厨二病患者、もしくは現在厨二病患者じゃないと読めませんね。

ミョルニルと読みます。

北欧神話の神様、トールが持ってるハンマーのことです。


こっちでした。

僕はアメコミ系詳しくないのでよくわかんないですけど。

最近だと有名なこの人、アヴェンジャーに出てくるマイティ・ソー、彼はトールがモデルみたいです。

で、マイティ・ソーが持ってるこのちっこいハンマー

これ、これがミョルニルです。たぶん。

このハンマーめちゃくちゃ強くてですね、

なんかバチコーンやるとみんな死ぬんですよ、だいたい。

そんで死んだやつにばちこーん!やると生き返ったりするよくわかんないものです。まぁ神話ですし。

話を戻しますが、

そんな名前のついたリキッドなんて超ハードメンソールな何か。

ストロベリーツンドラみたいなのイメージするじゃないですか。

なんて言っても上のくだりだったりちぇんさんの動画みたらわかると思うんですが

おいしいチャイみたいな味です。

つーかチャイフレーバーなんで当たり前ですが、

前回レビューしたマレーシアのチャイフレーバーリキッド。

Smoothie Juice – Thai Tea Smoothies リキッドレビュー – Smoky Edge.inc
マレーシア産のチャイフレーバーのリキッドレビューです。 みんな大好き、あの紅茶飲料の味がします。

これはチャイというか紅茶花伝ロイヤルミルクティだったのですが

今回はどうなんでしょうね。

ちぇんさんはスタバのチャイティラテって言ってましたが。

低Wで吸ってみます。(0.64Ω15W)

超シナモン。以上。

これは焚いた方がうまそうってことで

高W(0.64Ω32W)

これくらい焚いた方が甘味が出てきてスタバっぽいかも

なんだろう、味が安定しない。

ちょっとコットンが乾き気味の方がちゃんとチャイするかも。

焚きすぎるとシナモン飛ぶしなかなか難しいリキッドですね。

でも確かにイメージはスタバのチャイティラテ。

チャイティラテに自分でシナモンぶっかける派なんですが、

そんときのフレーバーに似てますね。

この前のマレーシアリキッドとこれの間くらいのリキッドがほしいなぁ・・・。

もうデッドストックなんですが、ほかのはあるので一応URL貼っておきますね。

ひたすら大人気って推してきます。

Smoothie Juice – Thai Tea Smoothies リキッドレビュー

Vaper’sNestさんのツイートで

こんなつぶやきを発見。

チャイ好きとしては買うしかないとポチってみました。

商品ページはこちら。(まだ売ってるじゃねーか)

https://vapers-nest.shop-pro.jp/?pid=138632022

60mlで1800円くらい。

安いですね。

翌日くらいに届きました、相変わらず早すぎる発送。

Made in MALAYSIAの文字が。

なにげにマレーシア産のリキッドって初めてかも。

per’sNestさんのページにはこうあります。

東南アジアで大人気のチャイフレーバーのリキッドです!

クリーミーかつスパイシーな紅茶味を手軽に楽しめます。
スッキリさせるための、気がつくかどうか程度の少量の清涼剤が入っています。

チャイに清涼剤ってなに・・・?嫌な予感がしますが、

早速吸ってみます。

今回はPhevandaにSS316Lで、内部エアホールは最小の2穴を使いました。

詳細はこちらを。

PHEVANDA MODS – PHEVANDA A2 MTL RDA Review1(開封編) – Smoky Edge.inc
PHEVANDA A2 MTL RDAレビュー記事その1です。

内径3mmの8巻きくらいでMOD読み7Ωです。

最近ずっと温度管理で吸ってるもんだからSS316Lなんだけど、

やっぱり高抵抗でやるとなるとコイルがでかくなって思うような抵抗値が目指せませぬ。悩みどころ。

吸ってみます。

これチャイか?

チャイ?チャイ・・・?

チャ・・・イ・・・?

まぁチャイか・・・。

でもなんかこう、もっと言いえて妙な何かがあった気がする・・・。

これだわ・・・。

紅茶花伝のロイヤルミルクティー

これに近い。

KAMIKAZEのミルクティをもっと茶葉の苦みというかえぐみを足して甘ったるくした感じ。

甘ったるいんですがほのかな清涼剤ですっきりコールドドリンク感が足されていてなかなかおいしいです。

でも別にチャイって感じじゃないかなぁ・・・。

チャイより紅茶花伝って感じかも

多分ミルク感がチャイよりクリームに近いからかな。

パッケージにある通りスタバのチャイフラペチーノみたいな(あるのかそんなの

そんな印象のリキッド。

紅茶系と言っていいでしょう、焚くと甘さが、低Wだと茶葉の癖が強くきます。

べたーっとしそうなテクスチャーもいい感じの清涼剤でヌケがよくておいしいですね。

なんだこれって思いましたがついつい吸ってしまう味わいに仕上がっていて

人気の理由もわかります。

久しぶりに紅茶系で当たりかもっていうのを引きました。

リピートするかもです。

Daniを磨く

先日購入したあれ、

Dicodes – Dani Box V2 Stabilized Wood Edition 開封編 – Smoky Edge.inc
Dicodes – Dani Box V2 Stabilized Wood Editioを開封していきます。

あの高い木の電池入れですが、

内部チップが難しくてなかなか記事化できてません。ごめんなさい。

それはさておき、Daniを磨いてみました。

ここからの作業はすべて自己責任でお願いします。

材質、塗料の浸透具合によっては状態が悪くなる場合があります。

今回使うのはこいつら。

オレンジオイル、ルネッサンスワックス、そしてなんか適当な布。

撮影が拙いため、見にくいですがご容赦ください。

まずは磨く前、本当に美しい木目です。

これをオイルアップします。

オレンジオイルをクロスに染み込ませて割と派手に塗っていきます。

本当は金属部分はガードした方がいいと思います、マスキングテープとかでね。

これだけで木目がよりくっきりと出てきます。

光沢も出て高級感が増しますね。

この状態で20分~30分ほど染み込ませます。

場合によっては染み込んでる塗料が浮き上がってくると思います。

色抜けの原因にもなりますので自己責任で。おせーよって話ですね。

染み込ませたら余分なオイルをティッシュとかでふき取ります。

ふき取るとこんな感じ。

光沢はなくなりましたがしっとりといい表情です。

そんでもって次はこいつを。



ルネッサンスワックス、商品説明曰く、美術品の保護等に使われているみたいですね、結構値が張ります。

こいつの注意書きにもありますが、乾燥した部位に塗り込まないとダメみたいですね。ワックスなんで当然ですが。

ワックスアップするとこんな感じに。

非常にマットな仕上がりに。

ここら辺は好みが分かれそうですね。オイルアップだけでもいいとも思いますが、僕はこのマットな深みが好きなので毎回ルネッサンスワックスで仕上げてます。

難点はこのルネッサンスワックス、すげえ石油臭いです。

一気に部屋がガソリンスタンドみたいになります。

すぐに揮発するんで一瞬ですけどね。

オレンジオイルの香りってすごい心地よいので、オイルの香りが好みだったらやぱりワックスアップはしなくてもいいかもですね。

あとはこれを季節やMODの状態に応じて1~2か月に1回くらいのペースでやれば割れや欠けを防げると思います。

ほかのオイルを試してみるのも楽しいですね。

あくまでも自己責任で。。。

では。

VSC E-Juice 梨 リキッドレビュー

今日はVape shop Cyperさんとこの自作リキッドのレビューです。

一昨年の冬に埼玉県に引っ越しまして、気にはなっていたんですが

どうにも筆者、チキンなのでVape shopのあの雰囲気が苦手なんです。

明るい店内、気さくそうで強面な店員、楽しそうな常連客。

どれを取っても苦手な僕には歯の治療と同じくらい苦手な空間なんです。

とはいえ、せっかく近所にあるのでお邪魔してみました。

ちゃりで10分かからないくらいのところにあります。

電車で来る人は志木駅徒歩10分くらいかなぁ。

ショップホームページはこちら

http://vapeshop-cypher.shop/

リキッドのページは別にあるみたいですね。

https://vscliquid.base.shop/

なんかこう、そういうの苦手なので店舗写真等は撮ってません。

試飲させていただいて逃げるように帰ってきました。

手に入れたのがこちら。

わっかりやすい名前だ、アルカポネとかRainyなんとかみたいに難解じゃない。

ニコチン0mg。

PG/VGは50/50くらいかなぁ

結構ゆるいです。

Cypherの方もクリアロはちょっときついかもって言ってました。

店舗の方でも試飲させていただきましたが、クラプトンのでけえコイルで爆煙で吸ったのでいまいちわかんなかったですが、試着したら買えと親に教わったぼくとしてはとりあえず購入、安いしね。

容量は梨は30mlしかないっぽくて、それで1800円。

なんてリーズナブル。

・吸ってみます。

低抵抗・高W

店舗ではクラプトンで40Wとかでぶっぱなしてました。

梨!!!って感じはなく、なんとなく甘いミストがどばーっと。

変なオリジナルリキッド特有のケミカル臭もなく、丁寧に作ってあるんだなぁと。

低抵抗・高Wだとちょっとカペラ感が否めなかったです。

香料数抑えてシンプルに作ってるのかなって印象を受けました。

Cypherの方いわく、作ってる人はこれにニコチン添加して吸ってるみたいです。

ニコリキのあのキックが混ざると確かにちょうどいいのかも。

高抵抗・低W

続いて普段のぼくのセッティングでいってみます。

超オーソドックスに0.86Ω/16W

ここまで落とすとリキッドのディテールが見えてきます。

これっすね、これです。

香料のイメージはハイチュウのそれ。

これ絶対高Wより低WでMTLしたほうがおいしいよ。

海外メーカーというより、KAMIKAZEとかBISOに近いかなぁ。

スナック感覚で口寂しいときにうれしいハイチュウ梨味。

リピートあるかも。

でもほかにもいろいろあるみたいなんで、次はほかのリキッドにも挑戦しよう。

びくびくしながらまた、お邪魔します。

注)Cypherの方、とても丁寧に接客していただき、ありがとうございました。

・難点

しいていうならば、前述のとおり、緩いです。

とにかく緩い。

僕みたいに超絞ってちゅーちゅーするとリキッド直飲みになります。

ニコチン添加してない僕は別にいいんですけど

ニコチン添加予定の方は最悪死にますのでご注意を。

リキッドの販売サイト見て気づいたんですが、当然ながらショップで買った方が安いみたいです。梨はサイトだと売り切れだし。

では。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus